2017/05/21

kobotrail2017

3年目のkobotrailのレポート。
過去2回の教訓をもとに走った記録。(今回が最後??)
距離:55.7km、累積標高差:3770m(富士山とほぼ同じ)

本日は超快晴で気温は30度を超える真夏日みたいな気配。
一応、目標は2年前の11時間01分切り。
前日のブリーフィングでは完走率は悪そうになりそうな話も。
30度までだったら真夏のダイトレよりはマシなので耐えられそう


当日の朝:
AM4:00に起床、AM4:15から食堂で朝食。
シンプルな和食でご飯2杯をお替わり。
5時15分から車でスタートの金峯寺へ送っていただきました。

ウェア類:
・3年連続おなじ(Craftの白シャツとフラッドメッシュノースリーブ)
・アンダーアーマーのサポートパンツ、モンベル半パンツ
・montrail カルドラド
・UltimateDirection PB3.0
・patagonia バイザー
持ち物:
・patagonia軽量ウインドブレーカ、ヘッドライト。
・賞味期限が2年くらい切れているジェル5個。
・干梅、黒糖、クッキー2つ。
  アミノタブレット持ってたらよかったかも。
・胸ボトル1個、ソフトフラスコに2本。
・シャーミークリーム、マメ対策のテープ。
消費した物:
・ジェル5個、干梅、純黒糖
 (走っているとき、やっぱり固形物食べられず)
エイドで頂いた物:
・そうめん2杯、柿の葉寿司3個、バナナ2本、いものお菓子1個。
・水分、10リットルくらい?(11時間38分でトイレ2回だけ)
(一緒に走るご一行)
20170521-1.jpg
スタート-A1(九十丁):10km、6:00~
今回も最前列からスタートして、前半のロードはすべてランでクリア。
前方の有力そうな選手は激坂では歩きを入れられていて、ここは無理しないほうが良いかも。
40分経過後に5分遅れでスタートした鏑木さんに抜かれました。
 20170521-2.jpg
ボトル1本の水を飲みきって、10km地点のA1に到着。
この時点で25番目くらい?

A1(九十丁)- A2(武士ヶ峯):29km、7:35~
今回もエイドごとのタイム計測のため写真を撮影。
20170521-3.jpgバナナ、ボトル2本に水を満タン補給して出発。
ペース速いすぎたかな?

大天井ヶ岳の登り始める地点のY字路は注意深く観察して間違わず
今回はほとんど一人だったのでコーステープを注意ぶかく観察することも忘れず。
大天井ヶ岳(8:13)
20170521-4.jpg
大天井ヶ岳の下りで今回も右脹脛が痙攣。
下りのペースが歩きになって自然治癒を待つことに。
小南峠(9:12)で給水。
 20170521-5.jpg
2年前はこのあたりでDtoKの方々と合流してにぎやかな気配を感じていたのが、今回は誰もおらず。
KtoKの選手も後ろから誰も追いついて来ず。
自分だけ別コース走ってる?(という錯覚も感じるほど)
切抜峠(10:06)の給水あたりでようやくDtoKの女性選手達を発見。
20170521-6.jpg今回はDtoKの走力が上がっていたのかな。

天狗倉山とどこが頂上が惑わされる一番最後の高城山。
これらをクリアする前に、脹脛の痙攣は治まったものの、脛の下などあり得ないところが痙攣状態。
急こう配の登りでかかとがシューズに擦れて、マメが出来そうなので途中でテープで補強。
シューズはバハダが自分にはあっていることを再認識。

高城山の山頂手前で、セミが鳴いており、暑さの気分が2倍増し。
20170521-7.jpg
高城山(11:45)から武士が峰までずっと下りとおもっていたら、途中で小さな登りもあったんですね。
かなりバテバテ、足が痙攣だらけで武士が峰に到着。

A2(武士ヶ峯)-A3(天辻峠):36km、12:02~
20170521-8.jpg 
ソーメン2杯、柿の葉寿司、バナナ1切、コーラなどを補給。
胃のむかむか感は昨年よりかなりマシで固形物も一応食べられる状態。
ボトルにも水を満タンに入れて10分ほどで出発。
標高1000mのゆるやかに見える舗装路の林道、過去2回より走れず、走る気力も出ず。
ここも前後は疎ら。
トレイルに入って、ゆるやかな登りも走れず。
この区間の難所は乗鞍岳(13:13)のみ。
 20170521-9.jpg
前後に誰もいない状態が続いて、暑くて意識も朦朧気味で歩いていて枯れ木に蹴躓いて転倒。
顔をちょっと怪我。
林道に出たところで私設エイドがあって、ファンタとコーラをいただき、1.2㎞先のA3天辻峠へ。
A3(天辻峠)-出屋敷峠-A4(天狗木峠):48km 13:33~
20170521-10.jpg 
顔の傷、ちょっと血が出ているらしくてを柿の葉寿司のお手拭で消毒。
ボトル1.5リットル満タンで出発しようとしたら、出屋敷峠までは2㎞だったので500mlは捨てて出発。。
出屋敷峠(14:01)で柿の葉寿司と水を1.5リットル満タン補給。
20170521-11.jpg
白石岳、セト山までがこれでもかとおもうほどの登り。
ヘロヘロ。意識も半分朦朧。
吐き気を感じるものの、何も出ず。
紀和隧道(15:37)のチェックポイントで水をもらってすぐの有刺鉄線の激坂が最後の難所。
20170521-12.jpg
過去2回はちゃんと走れた区間が全く走れず。
最後の林道もトボトボ状態。

A4(天狗木峠)-ゴール:55km、16:46~
20170521-13.jpg
フラフラで到着して、係員の方に通過人数を訊いたら60人ほどと。
KtoKで60人かと思ったら、DtoKと合わせて。
(今回はKtoK114人、DtoK73人)
補給していたら塚Mさんが追いついて来られて、びっくり。
残り7㎞は歩きも交えて行こうと弱気になっていたので、塚Mさんと走っていく羽目に。
下り初めて、女性ランナーが竹林館でご一緒でしたよね。と声をかけてくださいました。
フラフラで何も思い出せず。
下り切るまで徒歩2回ほど。
下り切ると、塚Mさんが追いついて来られたので、金剛峰寺のゴールまで頑張って走りました。
(まだこんな力が残っていたんやとおもうほど。)
ゴールしたら、ダウン。
11時間38分。22位/114人。
20170521-14.jpg
ゴール後:
宿坊にいくと表彰式をやっている最中でお風呂も並んでおらず入れるほど帰ってきているランナーは少ない目。
急いで帰る準備をして、キッチンカーでホットドックとコーラをいただき、バス停へ。
PM6:26のバス経由でPM9:30に帰宅。
橋本駅でフー子さんと塚Mさんがビールを買いに行かれて、ソフトクリームを買ってきてもらいました。
20170521-15.jpgまだビール飲めない状態。

帰宅後:
ドロドロにソックスなどを水洗いすること数回。
洗剤につけて、今日は洗濯する気力はなし。
缶ビールと缶酎ハイ2本が限界。
20170521-16.jpg
PM11:00に倒れるように寝室へ。

今回のまとめ:
・4月からG.Wまでにダイトレの金剛山往復とかしなかったので足の耐性が出来てなくて潰れた。
・体力と精神力は人並みよりはあると自覚
・体と足がちゃんと出来ていなかったら、地獄を見るコース。(こけるし)
・尻餅1回で腰を石(?)で打撲、ヘッドスライディングは無傷、2回目の前面転倒で顔かすり傷。
・UltimateDirection PB3.0は走りやすい
・カルドラドは堅かった。シューズのグリップ力の有無より踏ん張る足が出来ておらず。
・走る前からかかとにもマメ予防テーブしたほうがよさそう。
・脹脛にテーピングしたら、攣らない?      

3年間の考察:
20170521-20.jpg
今年は114名がスタートして完走率が68%だったようです。
昨年の完走率は90%。
 

コメント

非公開コメント