FC2ブログ
2012/07/15

2012年皆生トライアスロン

AM4:00前に起床。

AM5:00出発。

f:id:harubons:20120717075515j:image嫌々ガッツポーズ

会場に到着すると、SWIMが中止とのこと。

前日から防波堤を越える波があって予想通りの展開でした。

スタート時間がAM7:00→AM7:40に変更。

2時間30分ほど時間があってやることなし。

そのままスタートしてもらったほうが早く終われていいのですが・・・。

本日の気温は曇り→晴。最高気温は30度くらい。(結果的には最高気温が36度!!)

f:id:harubons:20120717075514j:image第1ランスタート前1

f:id:harubons:20120717075513j:image皆、元気

第1ラン:8.4km(41分06秒:483位)

f:id:harubons:20120717075512j:image位置について

f:id:harubons:20120717104616j:imageもうすぐヨーイドン!!

6分/kmでも良いくらいで行くつもりでスタート。

湿度が高くて走り出すと汗が噴きだすように出てきました。

ゆっくり目ですが、5分10秒/kmくらいは出ていたようです。

藪Tさんが先行し、やまちゃんも前に行きました。

4kmくらいで吸水所がありました。

後半にトイレでおしっこをして41分くらいで終了。

バイク:145km(5時間08分44秒:159位)

バイクウェアで走ったのでトランジッションはスムーズ。

エネルギーイン1個、賞味期限切れのBCAAのジェル?2個持ってスタート。

新品のチェーンでオイルを塗っているので気持ちよくペダリングが出来ます。

やまちゃんはトランジッション、10分くらいで藪Tさんを抜き去って順調に走行。

早朝、曇天なのですずしいです。

風が強くて追い風区間では47kmから55km/hまで上がりますが、向かい風になると20km/hほど。

頑張らないように心がけても60kmあたりでいつも疲れます。

f:id:harubons:20120717075511j:image大山の手前の上り

大山を越えて今回も少し落ちました。アミノ酸系の補給をもう少ししたほうがよいのでしょうか?

淀江の上りあたりから少し復活し、100kmの中山のエイドに到着。

バイクラックにバイクを掛けて、メロンやおにぎり、梅干を補給して一息。

このあたりから晴れ間が多くなってかなり暑くなってきました。

あと40km、走る向きによって超向かい風か超追い風。

最後の5kmの河川敷は超追い風で47km/hも出てご機嫌でバイクが終了。

第2ラン:42.2km(5時間14分51秒:341位)

暑いので補給ボトル付きのゼッケンベルトに変更。

パンツはSKINS A200へ。

走る前にいっぱい食べて、元気に出発。

おそらく7分/kmペース。暑いといつもこれくらいでしか走れません。

5kmを過ぎるとちょっとペースアップできました。

f:id:harubons:20120717075510j:image8kmあたり。まだ元気

8kmあたりで応援団が居てくれたので頑張れたようです。

10kmを越えて15kmに近づくと左足が張ってきました。

朝の8kmのダメージがやってきたようです。

1日に50kmも走ることを想定していません。

来年に向けてDuathlonの練習も必要でしょうか?

いつもより早くストレッチをしながら折り返しの22kmあたりに到着。

帰り、ペースは7km/hくらいまで落ちてエイドステーションで背中と頭に氷を入れて、梅干やオレンジを補給。

一息つくと走れるので次のエイドへの繰り返しでなんとかホテルわこうの40kmまで帰って来れました。

あと2kmから最後の頑張り。

周りのランナーに先行して、ゴールでは後ろに余裕をもって美春とゴールテープを切るつもり。

競技場に入ってあと400m。

アナウンスがないので帰ってきているのがわかっているかちょっと不安に。

ゴール直前にようやく気づいてもらって微妙に一緒にゴールできました。

11時間04分41秒 250位でした。

f:id:harubons:20120717075509j:image私は笑顔無理

f:id:harubons:20120717075508j:imageノックアウトを免れたガッツポーズ

ゴール後:

皆のゴール後、自転車の引き上げをしてホテルに帰還。

恒例の八剣伝の打ち上げはPM10:30からとなりました。

f:id:harubons:20120717075507j:image至福の打ち上げ開始

1時間30分で生ビール3杯などを補給して本日の様子をみんな報告。

ようやく笑顔を取り戻すことができました。

コメント

非公開コメント