FC2ブログ
2016/09/24

STY(中断から中止)

(装備)
・必携品
装備:
・ULTIMATEDIRECTION PB
・ライト(ヘッドライト、ハンドライト)
・フラッシュドメッシュノースリーブ
・FINETRACK半袖シャツ
・夏用アームウェア
・モンベルのパンツ
・カーフガード(普段使わないけど)
・モンベル トレントフライヤー
・エバーブレスフォトンパン
・CAP
・サロモンの手袋
・アクティブスキン長袖(待機の時、着替え)
・WRIGHTSOCK(クッションがあってよかった)
・モントレイル バハダ
・シューズカバー
・モンベルの薄手ウインドブレーカ(不要だった)
・スポーツドリンク1リットル、水500ml

(会場へ)
AM5:00、起床しコンビニのパンが朝食。
AM6:30からホテルの朝食付いていましたが、何時かわからないし、一応準備。
AM7:15、タクシーで新富士駅へ。
AM8:00前でしたが、バスは出発。

(本日の気象状況)
午前中は曇りで半袖でも寒くない気温。
M野さんが調べてところによると午後から前線がやってくるので雨かもとのこと。
かする程度(?)で小雨くらいは降るかなという甘い予想。

(受付でよもやの事態)
AM9:00前にバスが到着して、遠征バックを受付テントの横において、必携品チェックへ。
スマホを出そうとしたら、リックサックのファスナーが開いており行方不明に。
あわてて、バスに戻っても座席あたりにはナシ。
DNS?
遠征バック荷物までで落としたかもと戻ってみると、バックの横に落ちているのを発見。
安堵。


(スタートまで)
必携品チェックが終わってもスタートまで2時間30分。
NorthFaceのブースで変子さんのお土産買って、おにぎり3個食べて、トイレへ。
11時くらいから雨がぽつりと降ってきて、どんどんひどくなってきたのでテントへ避難。
雷警報が発令され、豪雨状態。
それでもスタートするとのことで、上下レインウェアを着てスタート地点へ。
(スタート1時間前)
土砂降りになるとは、全く思っておらず・・・
20160924-1.jpg

(スタート後)
先頭から10列目くらいとかなり前方の端っこからスタート。
道路の端のほうは大量の雨水が流れているので、それを避けてラン。
(途中から水、泥などお構いなしに)
2㎞ほどは登りの舗装路。
トレイルに入る所で渋滞すると変子さんに教えてもらっていたので、そこまでは頑張って走るつもり。
その箇所に15分ほどで到着。全く渋滞なし、そのままずっとトレイルかとおもったら、一旦、道路に出て林道へ。
再びトレイルに入ってもずっと登りなので、心拍はかなり高い状態。
レインパンツが足にまとわりついて走りにくいのでレインパンツは脱いでリックへ。
豪雨でも、レインパンツは不要でした。
まわりの選手も、上はレインウェアで下は半パンがほとんど。
さらに進んでいくうちに、上半身も暑くなってきたので、レインウェアもリックへ。
1時間くらいは真剣に走っていて、Sunntoを見ると7㎞ほど。
17㎞を3時間50分の予定でしたが、前半の舗装路が走れたのでかなり余裕があるタイム。
ペースを落として、普段の走りに切り替へ。
(Allsportsにあった写真)
sty.jpg
前後にあまり人がいない状態で、時折後ろ抜いていくランナーがいる程度。
雨が降っていなかったら、トレイルを楽しめた?
ぬかるみで崖側に傾斜しているところや、穴が開いていたりと、ぬかるみ区間は神経をつかう走り。
これは練習では経験していないもの。

前半では避けていた泥沼などはそのまま突っ込んだほうが走りやすそうなので、泥とお友達になることに。
傾斜がきついところは無理しないでいると、心拍も落ちつき体調も良好。
大雨になってきたので、再度レインウェアを着て防寒対策。
(All sportsより)
201609xx-1.jpg
201609xx-3.jpg

夜には雨があがるとの予報でしたが、このままひたすら進んでいけば天気は回復するはず。
雨でも800㏄ほど水は飲んだおり、ペースは速かったかな。
Sunntoの時計で14㎞ほどで路面が砂利ぽくなってきて、太郎坊が近づいている感じ。
17㎞の距離でしたが、Sunntoでは15㎞、PM3:00に太郎坊に到着。
(太郎坊に到着)
20160924-2.jpg
ここからは下りの11㎞。気分を入れ替えて走れると安堵。
お蕎麦を3杯食べて、ボトルも満タンにしてちょっと休憩したら、レースが中断とのアナウンス。

(トレイルの状況)
・草木がしっかりしているところは走れる状況
・土の部分は雨でドロドロで、深い水たまり。
・3か所ほどロープが張っていてそれを持たないと滑って降りれないところ有り
・昨年の天子山地の下りと比べたらはるかにまし
・川のように箇所は水はすくなくて脇を行けば通おれる状況
 (Youtubeに濁流になっている映像がアップされてましたが、1時間の差でかなりひどくなっていたのかも)
・UTMF出場してSTYに出ていた方曰く、昨日のコースのほうがはるかに走りやすかったと。
(コースの様子)
Facebookのお友達のお写真を拝借。
・後ろはやはり大渋滞
20160924-10.jpg
枯れ沢が濁流1
20160924-0.jpg
枯れ沢が濁流2
20160924-9.jpg

(太郎坊で待機)
大雨で雷も鳴っているので、ひょっとしたら中止かもという状況。
まだランナーも少なくストーブの前で毛布をかぶってとりえあず待機。
(太郎坊で待機中)
・ランナーの様子
20160924-4.jpg
30分も経過すると、中止の公算が濃厚に。
・乾かしすぎて、溶けてしまいました。
20160924-3.jpg
・斑尾イエローが富士ブラックに(変子さんが帰宅後、きれいになるまで洗ってくれました)
20160924-5.jpg
・PM5:00、雨もほぼ上がって幻想的。ただし寒かった。
20160924-6.jpg

(気分的にも諦めモード)
1時間くらいで中止の発表があり、レースは終了。
ナイトランも出来ず。
2時間30分後に、河口湖行きのバスが到着。
まずは、女子または60歳以上。さらに30分後に女子または50歳以上のバス。
これに乗ってPM7:00前に河口湖に到着。

(河口湖にて)
完走Buff(?)を戴いて、遠征バックを引き取って、タクシーで宿探し。
2軒満室で3軒目の駅前のビジネスホテルがトリプル12,500円を10,000円でよいということでM野さんと利用することに。
そのM野さん、10㎞あたりで中止となったため、スタート地点へ。
0時にスタートしてコース途中で待機してスタート地点に戻ったのがPM5:00とのこと。
更にこどもの国にバスが到着したのがPM7:30、河口湖経由で宿に到着したのはPM9:30でした。
(ちょっと怪しいお宿)
20160924-7.jpg
(わびしく打ち上げ)
こんなはずではなかった・・・
20160924-8.jpg


(来年に向けて)
・前方からのスタートは必須。
 渋滞回避、トレイルの荒れ具合もマシです。
・雨でスタートする際、レインパンツは不要。手袋は必要。
・リックサックの中が濡れるので、ザックカバーがあったほうがよい。
 レインウェアはジプロックに入れたほうが良いかな。
・豪雨でメガネが曇って見えにくいので曇り止めが必要かも。