2002/11/17

ツールド沖縄120km

金曜日:

AM7:15の普通電車で志紀から難波までハードケース運び、AM8:00の伊丹行きバスにハードケースを積み込んで移動。

PM1:00の高速バスで名護。PM3:15のバスでプライベートリゾート奥間。

PM4:00くらいに到着しR55からホテルまで1kmをハードケース押して移動。

自転車を組み立て、近所のスーパーでビール、泡盛、お菓子を買って部屋に。部屋は、ウォシュレット、冷蔵庫つきで広い部屋。 

コナさん、むろさん、佐田さん、ジョーと一緒にセレナで夕食。そのあと3人の部屋でPM11:00まで宴会。

土曜日

AM7:30から朝食。バイキング。昨日のお酒がちょっと残っている。

AM8:45から普久川への試走。

風がものすごく強く、寒い。

ジョーの後ろでものすごい向かい風を26km/hくらいしかでない。

登りの試走、途中までジョーと一緒に走ったが、ペースが少し速く心肺のアップを超えてしまうのと25のギヤを確認するため、ゆっくりのぼり、普久川ダムまで行った。

名護まで昨年よりはゆっくりで1:00くらいで到着。

そのままサンエーに直行したら、土田君と遭遇。

調子良さそうで、鼻息荒かったです。

干し梅、黒糖、コンビーフを購入。

受け付けをして、自転車をあずけ、開会式にでてPM6:00のバスでホテルへ。

日曜日:

AM5:30に起床。

ジョーのペースにあわせて、AM6:15に荷物をもって朝食へ。

パン5つ。たまご、ソーセージ、野菜、ベーコン2切れ。オレンジジュース、ミルク半分。ヨーグルト、コーヒが朝食。

そのあとビタミン剤。

スタート時間がAM9:15。

スタート地点まで、寒いのトレーナを着ていた。

風がほとんどなく、コンディションは良さそう。昨年も土曜より日曜がよかった。

(スタート地点ににもつをもっていくと、かえってくるのが回収車になるので名護で受ける時間が遅くなる。)

ジョーのカバンに念のためスペアチューブを入れた。空気は土曜日の朝に佐田さんにかりたポンプで入れた状態でOKだった。120km地点では誰か空気入れをもってきているので、もっていかなくても大丈夫。

スタート地点でトイレに行き。自転車をもらいアップをすこしした。

装備:

 前ニュートロン、後ユーラス

 ギヤ52-38, 13-25

コルナゴC40

 持参:ウェイダーエネルギーイン、クッキー。アミノバイタル、梅干。ボトル2本にエネルゲン。

 

スタート:

左側の前から3列目くらいに並ぶ。つめつめでスタート時の危険を防ぐためうしろの人にゆっくりいきましょねと声をかけた。

スムーズにスタートし、登り。頂上手前で、もうしんどいですと声をかけてきた人いた。たしかにちょっとはしんどい。

左に曲がり、下りの開始。前のほうからスタートしているのに後ろからいっぱいあがってくるため集団の後方にさがってしまう。 

危険回避のため、つめつめでははしらないでいた。

気持ちもまだエンジンがかかっていない。気合が入っていない状態。

後ろからスタートしたジョーも横に上がって、談笑。

10kmほど走り、体のエンジンがすこしかかりだしたが、気合は依然とはいらない。

すこし長目の登りがあり、これが奥やったかとおもったがそうではなかった。

当面の目標は、奥で先頭集団から遅れないこと。

この登りで165人の集団はすこし小さくなった模様。

下りで休み、奥にそなえて回復走。大きく下って、スプリントポイントがある奥を通過。前ではスプリント合戦をしているのが見えた。

登り始め、ジョーが横に来て、昨年はここでちぎれたと。

最初は緩やかなのぼり。早めのインナーにいれて後半に備える。

登っている距離は3kmくらいはあるかも。登りにつれ私の前の人数が徐々に減ってくる。途中、若干であるが足をゆっくりできたことが3度ほどがあり、調子がよいかなとおもう。

最後、ジョーも後ろで、先頭集団10人くらいの一番後ろにつけてのぼり切ることができた。しかし、すぐに後方からジョーを含むグループもあがってきて、また大きな集団に。ここで半分ぐらいにはなったとおもわれる。

アマンダに乗った綾野さんを発見。仲間に写真をとってもらっていた。

奥で切れなかったので、すごく安心できた。

このあと、小さな登りもあったがほとんどシッティングで行った。

海岸線に入るとさらに集団が大きくなったのか、私の前にまたいっぱい人があがってきた。40km/hくらいで走っている。

ここでエネルギーインを補給。

最初から集団だと普久川の登りまでが結構ながかった。

登り始めがほぼ40km地点。

登りに始めに前方に位置しておくのが鉄則が、人が多くて前にいけずすこし後方から登りはじめた。最初はアウターでいけるほどで30km/hはでている。マウンテンポイントまで7km。先頭集団が20Mくらい前、その後ろにジョーがいる。登り始めの位置取りが悪かったせいか、すこし離されている。

最初に乳酸がたまるほどがんばってしまうと、あとでつぶれると本に書いてあったし、実体験もしているので、無理に追わず気持ちだけ自重して走るが、それでもしんどい。

すこし急な所は早くも25のギヤを使い、回転で行く。

集団との距離を維持したまま、着実に登っていく。

後半はほとんど25のギヤのみだっとおもう。むちゃくちゃしんどなってようやくマウンテンポイント。ようやく一息。下りになると回りが私をぬかしていく。前の人とも距離があく。

給水所があり、はやくも1本なくなったものをすててスポーツドリングがほしかったが、もらえたのは水。もう1つもらったらそれも水だったので後ろでもらえなかった人にあげた。

結構しんどくてスタート地点の登りを通過。右に曲がり本格的な下り。

前の方に4人ほど走っている。気持ちの栓がようやく切れてきた。

55km/hで回して猛烈に追い上げるがなかなか前との距離がつまらない。

コースが登りになると距離がつまり、グループに加わることができた。

コースには高校生、80kmの部が混じっている。グループに復帰後に前を見ると大きな集団があった。それにも追いついてみると80kmの部が大半だった。前のグループには追いつけないとなると、今回はジョーに負けたなと思った。

どうも、真中のギヤ(17)の入りが悪い。前の日もすこしひっかかるときもあったが、ひどくなっている。手元でワイヤをすこしいじったら余計に変になったので、逆にまわしてみた。あまりかわらなかったが変速しないという最悪にはならなかった。

アップダウンが始まると、一時的に前にでても緩めると抜いた人があがってくる。大柄の人は登りで遅いが下りで速い。

タイプは異なるが走力が安定してきている。腰が痛く、たまに腰のストレッチもした。

80kmの部で一緒に走れる力の人も混じり、グループや後ろにつくことによって回復をはかりだした。

今年は人数が多い分、グループ走になるのですこしは楽。

東村のチェックポイントを通過し残りも50kmくらいになってきた。

チバボンズ、すこし大柄の人を含め4人がほぼ一緒になりだした。

海岸線に出る手前から、4人で40kmのローテーション。ローテーションの間隔が、徐々に1秒くらいと回転しながら走っていた。

ここでアミノバイタル補給。水で流し込み、ボトルを戻そうとしたらボトルを落としてしまった。口の中に残っているものを飲み込みたいので、チバボンズの人に水を貰った。

梅干も補給したが、この前か後か忘れてしまった。

18のギヤがないのんここで不便を感じたが、ないより登りがあるメリットが大きい。

チバボンズの人と「きついね」と声をかけあった。

登りまであと5km。1人前の人に追いつき5人。この5人でローテーションをしようと提案するが、みんなばてておりきれいなローテーションにならない。

登りに入ると、ばらけてしまい私が抜け出した模様。ここでも25のギアを活用しクルクル回した。

最後の補給個所でボトルを2本もらい、1つは中身をすてて背中のポケットに。

最後の登りが源河。

後半の目標は源河で200kmに抜かれないこと。

ここでぬかれなかったら降りてからの平地は連れて行ってもらえることを期待していた。

源河までに小さな登りをクリアし、本格的な登り。100kmがんばってきてからの登りだけにきつい。23,25のギアで粘りの走り。2kmくらい登ったあたりでなるしまフレンドの会長(?)が次のカーブで終わりと言っていたが、そのカーブを超えてもまだまだ登っている。そのうちジョーが見えてきた。

後ろから白バイが来て、200kmに抜かされはじめた。昨年ほどの大きな集団にはなっていない模様。

上りを終えて2つ目のグループにも抜かれたが、懸命についていって、なんとか合流。

40kmくらいのペースで走っている。200kmが5人。120kmの人が1人、

80kmが1人まじっている。

120kmのビアンキの人が先頭交代にまじっているが私は温存のまま。

体力が回復してくると、前にあがり登りの前で1回ローテーションに加わった。後ろからも続々と合流している模様。

順位を確保するためには、早くからこのグループでローテーションにはいったほうがよかったと今思うが、たぶん足がなかった。

橋の登りがつらかったが離れるほどではない、あと5kmの看板で登りがありここで前にでたが、そのあとはまた集団。

私の前に2人120kmの人がおり、マークして走りゴールでかわそうと計画していたが、残り300mとなって、右側を走っている私の前方に落車があり、しかたなく先頭にでた。

ここから逃げる足もなく、35km/hくらいしかでない。

そうこうするうちにスプリントに飲み込まれてそのゴール。

ゴールしたら、帰る準備のため、混雑する前に、弁当引き換え件でお弁当をもらい、荷物とバイクケースももらって、片付けの準備。

バイクを梱包して、腕と顔と頭を洗ってから食事。

ジョーは本町のおっちゃんとしゃべって片付けがすすんでいない。

PM1:30になり、せかしてPM1:50に終了。バスはPM2:28だったので

ビール飲みながら本町サイクルの人と談笑の続き。

記録 44位  3:17'くらい