FC2ブログ
2016/05/22

kobotrail2016

本日は超快晴で気温も28度くらいと高めなので脱水に注意した装備にすることに。
暑いのと調子が完璧でもないので昨年の11時間1分より速くは走れそうに思えず。
11時間30分くらいが目標。

当日の朝:
AM3:15に起床し、準備開始。
最近、慣れてきたのでテーピングしてボトルに水を入れたらほとんどやることなし。
AM4:30からお部屋で朝食。
シンプルですがおいしい朝ごはんを戴きました。
20160521-6.jpg
5時から車でスタートの金峯寺へ送っていただきました。

ウェア:
・前回と一緒(Craftの白シャツとフラッドメッシュノースリーブ)
・アンダーアーマーのサポートパンツ、半パンツ、カーフガード
・patagonia duckbill cap
持ち物:
・Mont-bell トレントフライヤー上、ヘッドライト。
・干し梅、アミノバイタルタブレット、クリフバーのジェル5個、クッキー5つ、羊羹1個。
・胸ボトル2個、ソフトフラスコに水、空の500mlペットボトル1本。
・シャーミークリーム、バントエイド。

消費した物:
・ジェル5個、干し梅、アミノバイタルタブレット
 (走っているとき、固形物食べられず)
・ボトルの水すべて

エイドで頂いた物:
・そうめん2杯、柿の葉寿司5個、バナナ3本、いものお菓子1個。
・水分、5リットルくらい?
[今日のスタイル]
(膝のテーピングは完璧で違和感など全く出ず)
20160521-7.jpg

スタート前:
選手全員と関係者などがお堂の前に集合しての記念写真。
20160523-2.jpg
スタート前にゴールまでいけるようご祈祷をしていただき、準備完了。
20160521-8.jpg
20160523-1.jpg
20160523-3.jpg


スタート-A1(九十丁):10km、6:00
今回はUTMFの反省から一番前に並んで走ってみることに。
(この大会に渋滞はないですが・・・)
金峯山寺をスタートして前半の舗装路の上りは前回同様ランでクリア。
6kmあたりで5分遅れでスタートした鏑木さんに抜かれたので昨年よりよいペースかも。
20160521-9.jpg
かなり汗ばんでおり、ボトル1本の水を飲みきって、10km地点のA1に到着。
この時点で昨年と同じ25番くらい?

A1(九十丁)- A2(武士ヶ峯):29km、7:23
20160522-1.jpg

今回もエイドごとのタイム計測のため写真を撮影。
バナナ、ボトル2本に水を満タン補給して出発。
先頭から走っていたので、前後にほとんど人がいない1人練習のような(贅沢な)状態。
後ろに男性ランナーが付かれてしゃべりながらランニング。
コースアウト!:
大天井ヶ岳の登り始める地点のY字路、間違って五番関へ通じる左のコースに行ってしまいました。
10分ほど走ると記憶にない橋げたが2つほど。
整備された道のわりにコーステープもないし、ひょっとして間違っているのかもと、前方から来た修験者(?)の方にランナーとすれ違ったと尋ねると、「いいえ」との返事。
2人であわててUターン。
30分、2.5㎞ほどのロスタイム。

Y字路までもどって、大天井ヶ岳への登り。
まわりにはKtoKの女子ランナーがたまに居てる程度。
みんなもう前に行ってしまって、ひょっとして最後尾?
ちょっとあせりつつ、がんばって前に進みました。
1400mを超える大天井ヶ岳がこのコースの最高峰。
といってもここは比較的楽でこれを超えてからの高城山までのアップダウンが難所。
昨年はDtoKの参加の方々が小南峠から合流していましたが、今回は誰もおらず。
やっぱり最後尾?
切抜峠の給水ポイントに到着すると、DtoKのスイーパーの方が居られて、KtoKの男子は6割から7割くらいが通過とのこと。
30分のロスは結構、大きいです。
この先、景色の写真を撮るのをやめてとりあえず走ることを最優先。
トレイルの中はほとんど1人で前後に誰もいない状態がつづきました。
DtoKの女子選手に追いつくようになって、1人でさらに前進。
天狗倉山が最後の登りかと思ったら、一番最後の高城山がかなりきつい登り。
このあたりから胃がちょっとむかついているような気配。
固形物が食べられないのでこの区間でジェル3つ補給。
これを超えると武士が峰のエイドにようやく到着。
スタートから6時間33分。
昨年から33分遅れ、コースアウトしてなかったらほぼ同じタイム。
(練習、ちゃんと出来てる?)
A2(武士ヶ峯)-A3(天辻峠):36km、12:33
20160522-2.jpg
M野さんにここで遭遇。
私と10分差。
ソーメン2杯、バナナ3切、水、コーラなどを補給。
(食べることが出来たけど、おいしさはあまり感じず。胃がちょっとおかしいから?)
ボトルにも水を満タンに入れて急いで(10分)で出発。
昨年は舗装路脇のトレイルに入ったと記憶していたのですが、今回はそれはなし。
日向に出ると太陽の熱が暑いです。
昨年はソーメンのお汁を飲んで失敗したので、今回は飲まず。
7㎞と短い区間で今回はここが一番楽。といっても乗鞍岳を含む3つほどの登りで汗だく。
持っていたボトルの水を頭にかけて熱中症対策。
ほとんど日陰なのでCapよりバイザーのほうが頭が冷えてよさそうということに気づいて途中からCapをリックにぶら下げてラン。
ちょっとは頭が冷えた感じ。

A3(天辻峠)-A4(天狗木峠):48km14:03
[天辻エイドから200m手前の施設エイドのお知り合い]
20160522-3.jpg
20160522-4.jpg

補給してすぐ出発し、登って降りたら出屋敷峠。(14:30)
20160522-5.jpg
エイドで柿の葉寿司と水を補給。
標高250mほどを降りた分を登り返すとのこと。
紀和隊道のチェックポイントまで5㎞を登って下って時折平地。
この間、ずっと1人。
チェックポイントで水をもらって有刺鉄線の上を見るとM野さんを発見。
ようやく追いつきました。
登り切ってから声をかけて、天辻峠までほぼ同行。
有刺鉄線の止山から天狗木峠まで小さな(?)登りと下りが何か所もあって林道区間へ。
こんなに林道長かったかなと感じながらもM野さんより私のほうが元気。

A4(天狗木峠)-ゴール:55km、16:57
昨年より40分遅めでエイドに到着。
20160522-6.jpg
お餅を食べてボトルはそのままですぐに出発。
4㎞の下りを経て3㎞の平地。
なんとか歩かずゴールまで走り切れました。(16:48、11時間48分、46位)
20160522-7.jpg

ゴール後:
M野さんがすぐにやってきたので写真撮影して、お風呂へ。
その前に軽食をとコロッケパンを食べようとしたら、胃がむかむかして半分くらしか受付ず。
体が寒いのでお風呂で温まって、ようやく一息。
タクシーはもうないとのことで、PM7:29のバスまで30分ほど停留所で待機。
M野さん、元気に缶ビール。私、胃がむかむかするので、悲しいかなペットボトルのお茶で乾杯。
電車を乗り継いで、PM22:00にようやく帰宅となりました。

帰宅後は汗臭いウェア類の洗濯をしながら夕食。
ビール2本とピザ半分食べたら、洗濯ものを干す気力がなくそのまま就寝となりました。

昨年の記録との考察:
 ・武士が峰まで:昨年は2人で走っていたのでペースがあがった?
 ・ゴールまで:今年は6分/km以下で走る足は全く残っていませんでした。
 ・こんなことしているということは、来年も出る気になってきたかな。
2015/07/19

35回皆生トライアスロン

レースの装備:

・Colnago EP+Dura7800

・RaceingZero + ラテックスチューブ + Pro4

・Adizero Bostion Boost

・クリフバーのジェル3個、SOYJOY2本、羊羹2個。

AM3:40に変子さんの携帯タイマーで起床。

菓子パンとヨーグルトを補給してボトルに水を詰めてと準備完了。

AM5:00に会場へ出発。

バイクとトラバックをセットして、出すものだしたらあとは特にやることなし。

スタート前に食べようとして用意していたクロワッサンを持ってくるのを忘れたと思ったら美春がもっていたので、食べることができました。

f:id:harubons:20150721152117j:image美春の落書き(怪我よけ?)

AM6:15くらいにウエットスーツを着て、SWIM会場へ。

(気象条件)

予報では最高気温が30度。お昼前後に小雨がぱらつく程度。

16回出場している中でも一番のコンディションのようです。

スタート前に軽くアップ。

2011年に購入した2XUのウエットスーツ、上半身がちょっときつくなってなっているようで胸が苦しい感じ。

来年はShiromoto のウエットを新調しようかな。

f:id:harubons:20150722071019j:image

SWIM:1時間10分8秒(619位/940人)

AM7:00、「何でテトラポットの間から行ったん?」と後で変子さんに言われるほど外側からスタート。

台風の影響か水温が冷た目。(前日の情報では21℃)

適時、ウエットの中に水を入れながら折り返しへ。

500mくらいで体が慣れてきて折り返し地点に31分くらいで到着。

朝から大量に水を飲んでいるので、(二日酔いではないですが)泳ぎだす前に水中トイレタイム。

スタート前にも2回ほどやって、SWIM上がる前もやったので合計4回。

変子さんには、水の中でじっとしているので、「やってる」とばれていた模様。

帰宅後はRERICのBIKEパンツは入念に洗いました。

f:id:harubons:20150721152116j:imageSWIMアップ

BIKE:5時間15分5秒(292位)

アームカバーがあると冷却効果があると教えていただいたのでレースで初めて装着。

体が濡れているとちょっとはめにくいですね。

前半の平地区間はドラフティングゾーンを守って、スピードがある選手をペースメーカーに走行し、5kmほどでK川さんをパス。

過去のレースでは、100kmを超えてから信号停止がありましたが、今回は前半でも交通渋滞緩和のために停止指示。

2回ほど止まりました。(休憩出来たとプラス思考。)

(O村さんは?)

順調に順位は上がっていきましたが、行けども行けどもO村さんに追いつかず。

大山の登りでも追いつかないのでこっちの調子が悪いのかと前半は想像。

最後まで追いつかなかったので、O村さんはリタイヤしたのかと勝手な想像をしてましたが、RUNの30㎞あたりで遭遇。

BIKEのトイレタイムで追い抜いたとのこと。

地下道を通るところでSOYJOYを歩きながら補給。

大山の登りもマイペースで順調に走行。

途中で小雨も降ってきてとアームカバーが濡れて冷却効果もありました。

雨のコーナーでカーボンホイルをロックさせている選手や落車で怪我している人も発見。

レースでもアルミのホイルのほうが安心で良いです。

(迷走ポイント)

淀江にむかう60km地点あたり、1周目は左で2周目がまっすぐいくポイント。

前を行く選手が左に行ってしまいました。

少し前のグループはまっすぐに行っており、一瞬止まって悩みましたがまっすぐを選択。

左に曲がった選手もそれなりに速そうだったので余分に走るはめになったのでは?

ゴールしたらメーターが105kmしかないという人は1周目をまっすぐに行ってしまったようで、ここは迷走ポイント。

f:id:harubons:20150721152115j:image80㎞地点かな

今日はここ数年のレースで一番疲れがない状態で淀江から中山までも走行。

ラテックスチューブの乗り心地よさもあるのかも。

中山エイドでは、一応止まって、メロン、バナナ、オレンジなどを大量に補給して後半へ。

(変速が)

90kmあたりからリアの変速が23からうまく落ちない事象が発生。

上下にガチャガチャやっているとトップ側へ落ちます。

淀江まで戻ってきて残り30kmあたりからリアが23よりトップ側に全く落ちなくなりました。

軽くならないよりははるかにマシなトラブル。

下りでは足があまり、平地の逆風区間は1枚くらい足らない程度と浅い傷。

F:52-38,R:23-25の2枚の変速でなんとかBIKEゴール。

BIKEでも体を冷やすようにして水をかぶっていたら、結構冷えたのでトイレ休憩2回あり。

これくらいの水分補給が必要かも。

藪Tさんとよっしーが出ていったところなので7分くらいに差のようです。

折り返し時点でどれくらいの差になっているかと想像しながらランへ。

RUN:4時間43分28秒(294位)

ひざの予防にとテーピングをしようとしたら汗でテープがくちゃくちゃになってうまく貼れず。

タオルで入念に膝を拭く必要があるでしょうか。

ひざの内側だけ簡易的に貼り、昨日買った2XUのショーツをはいて元気にスタート。

f:id:harubons:20150722071121j:imageホテルわこう前(やまちゃん)

かなり足が残っていたので、5分30秒/kmくらいのペースまで上げられていそうな感じで順調に走行。

フワフワする感じのboston boostもクッションがこの程度のペースだとよい感じ。

すべてのエイドで補給しながらなので、ロスタイムはそれなりに有り。

15kmを超えて、米子空港あたりでもまだ元気で折り返しまではいい感じで走れそうです。

(皆生のHPにあった写真1)往きの空港を過ぎたあたり

f:id:harubons:20150806101333j:image

折り返し手前でつぶれているY木さんに追いつきました。

絶好のコンディションかと思っていましたが、つぶれる選手もいてるんですね。

順位はほとんで落とすことなく折り返し地点に到着。

先行している藪Tさんとよっしーとの差は5分程度まで詰めていましたが、今日はこれが限界。

帰りは気力が続かず、足も張ってきたのでペースダウン。

午後からは天気も回復して暑くもなってきました。

米子空港の高架は歩かず30kmを超えてもまだ元気。

(問題が)

昨日買ったトライショーツ。

1回も洗濯していないためか、縫い目などが擦れて又ずれ状態。

水をかぶるとそこがひりひりしてさらに痛みが発生。

(皆生のHPにあった写真2)帰りの30㎞あたり?

f:id:harubons:20150806101504j:image

エイドにワセリンも置いてなさそうなので、ゴールまでは我慢が必要。

RUNの時もワセリンを塗らないといけませんね。

ヒリヒリする痛みと戦いながら、順調に距離を消化。

帰りもすべてのエイドで補給して、モンベルのエイドではプチ容器のそうめんも補給。

ペースは7分10秒/kmくらいまで落ちていそうですが、歩くほどの疲労感はなし。

明るいうちに競技場に入り、最後の200mは美春と変子さんとで無事ゴールテープを切ることが出来ました。

f:id:harubons:20150722071122j:imageこれは藪Tさん

合計:11時間8分41秒(290位)

f:id:harubons:20150721152114j:imageゴール直後


ゴール後:

シャワーをあびたら、又ずれがかなりヒリヒリ。

19時20分くらいに鉄人ラーメンを食べに行ったら、タッチの差で売り切れとなってしまい、フランクフルトを補給。

20時をすぎてO村さんがかえって来られたので一緒にゴールし、競技場を後にしてBIKEの撤収など。

打ち上げ:

ホテルでシャワーを浴びて、又ずれに外傷薬を塗り、ビールを飲んで和民へ。

PM10:15くらいから1時間ほど同行のメンバで打ち上げ宴会。

PM11:30にはホテルに戻り、本日が終了しました。

2015/05/24

kobo trail 2015 KtoK

55kmの中でアップダウンが繰り返す国内最難関コースのkobotrail。

結果的は晴れ間もあってさわやかで絶好のコンディションでした。

昨年の記録から11時間30分~12時間くらいがゴール予想。

長時間山の中にいるのとエイドの様子がわかないため、持ち物は大目となりました。

(写真はエイドのスタッフ、一緒になったランナー、山ちゃんに撮っていただきました)

当日の朝:

AM3:30に気象し、準備開始。

TVをつけると天気予報が曇りに。

前線が南の方にいたままで上がってこなかったようです。ラッキー。

雨を想定したウェアではなく、本来のスタイルに。

AM4:30から食事。

幕の内弁当、あまりのもごはんが少なくて中居さんにお代わりをさせてもらい栄養もばっちり。

1kmほどですがバスでスタートの金峯寺へ。

ウェア:

・指定があったので、Craftの白シャツとフラッドメッシュノースリーブ

・半パンツ、カーフガード

持ち物:

・Mont-bell トレントフライヤー上、ヘッドライト。

・干し梅、クリフバー4個、クリフバーのジェル6個、ういろ、ミニクロワッサン5個。

・胸ボトル2個、500mlペットボトル1本。(BCAAを混ぜたスポーツドリンク)

消費した物:

・クリフバーのジェル5個、干し梅

・ボトルの水すべて

エイドで頂いた物:

・そうめん3杯、柿の葉寿司5個、バナナ3本、パン1個。

・水分、3リットルくらい?


スタート-A1(九十丁):10km

スタート3分前にトイレに駆け込み、準備完了。

f:id:harubons:20150525205753j:imageつうばいつうトレラン部

AM6:00、金峯山寺をスタートして前半は舗装路の上り。

55kmのコースのうち舗装路が14kmとのこと。

亀の瀬など普段の練習コースの成果でほぼランでクリア。

3kmあたりで3分遅れでスタートした鏑木さんに抜かれたので1分遅いペースかな。

舗装路からトレイルに入るのは自転車の練習コースでもある洞川高原林道。

f:id:harubons:20150525205754j:image青が峰に行く手前のBIKEでなじみのところ

10km地点のA1には楽勝で到着。

バナナ、柿の葉寿司、ボトル2本に水を満タン補給して出発。

f:id:harubons:20150525210435j:image

A1(九十丁)- A2(武士ヶ峯):29km

事前情報ではA2まではえぐいコース。

修験道でハイキング的な要素がなく直登に近いような感じで登っては降りることの繰り返しで

左足の脛下に違和感。足首がかなり曲がっているので普段使わないところに負荷がかかりました。

f:id:harubons:20150525205752j:imageダイトレを背景に

1439mの大天井ヶ岳の到着し、下りで始めで脹脛が痙攣。

f:id:harubons:20150525205756j:image大天井ケ岳

まだ序盤やというのにこの状態ではリタイヤも視野に。

カーフガードで圧迫されている気もしたので、下げてみると痙攣は解消。

脹脛上部の血管が圧迫されていたのが原因でしょうか。

なんとか普通に走れるようになったので一安心。

小南峠からDtoKの参加の方々と合流。

さみしい状態からちょっとにぎやかになって気持ちの余裕も出てきました。

途中からKtoKの選手とほぼ同じペースになったので2人で行くことに。

f:id:harubons:20150525205755j:image途中にある標識

昨年も参加されており、コースの様子をガイドしてもらいながらA2まで一緒に行きました。

途中でクリフバーのジェルと干し梅を補給しなら休むことなく前進。

切抜峠(22km)とその手前(17.4km)に水の補給がありました。

後半もきつい勾配の登り・下りがいくつもありバテバテ。

ようやくA2に到着したのはスタートから6時間後の正午。

Ambitをオートストップモードにしていたら、登っているのに遅すぎで止まっているとみなされて音がうるさく、電池の消耗も激しかったです。

トレランでオートストップはダメですね。

ちなみにこのコースは距離表示が全くないのでGPS時計はかなりな武器です。

A2(武士ヶ峯)-A3(天辻峠):36km

f:id:harubons:20150525210438j:image

ソーメン3杯を汁まで飲んで、バナナ、パン、水、コーラなどを補給。

ボトルにも水を満タンに入れて10分ほどで出発。

出だしは舗装路の微妙な登りから未舗装路へ。

走れるところは時間を稼ぎたかったのですが、途中から走れず歩きも交えたものに。

乗鞍岳では、トラロープが4本ほど張ってありました。

勾配は急でしたが手で登っていくとかなり楽ですね。

ソーメンの汁の塩分が高かったのか、出発後結構喉が乾きました。

次のエイドまで7kmとのことで、これまでのペースから1時間45分くらいはかかる見込み。

前半より勾配は楽になったものの、足に疲労が蓄積してきてしんどさは同じ状況かも。

前半の疲労と食後すぐの区間で一番しんどかったです。

A3(天辻峠)-A4(天狗木峠):48km

f:id:harubons:20150525210437j:image

天辻峠で柿の葉寿司とバナナを補給すると元気が復活。

前半で抜かれていった選手もバテテおり、追いつくこと数名。

出屋敷峠(38km)にもエイドがありました。

この区間では後半の松茸山を囲っている有刺鉄線がトレイル道の両側に張ってあるエリアが後半にあります。

止山という札が至るところにあってそういう山の名前かと思ったら、「入ってはいけない山」のようです。

これを超えると林道になり、GPSの距離からして舗装路まで続きそうな気配。

平坦かゆるい上りなどで足にも精神的にもかなりやさしかったです。

舗装路に出たときはようやく終わりと感動。

A4(天狗木峠)-ゴール:55km

f:id:harubons:20150525210436j:image

バナナ1切れ食べて時計をみたら4時18分。

下りの7km、頑張ったら11時間切れそう。

ゆるやかな下りがつづく4kmほどを頑張って走って1人をパス。

高野山の街並み入ると平地に。

途中で後2.5kmと教えていただき時計をみたら後15分。

6分/km以下のペースであったと思いますが、ゴール手前で5時を回ってしまい、結果11時間1分でゴールとなりました。

ゴール後:

ゴールテープを切って、金剛峯寺で手を合わせて終了。

ゴール後、横山プロが居られたので一緒に写真を撮っていただきました。

f:id:harubons:20150525210251j:image

気さくな方で、ファンになりました。

10分ほどぼっーとして体力を回復。

軽いものを食べて、ゴール近くの西院で荷物を受け取りお風呂へ。

洗い場が4つしかない小さなお風呂ですが、150人規模だとこれでも行けるんですね。

やたら喉が渇くので、水をいっぱい飲んで帰路へ。

500mほどバス停まで歩き、ケーブル駅まで。

PM6:20のバスから、電車を乗り継いてPM8:50に最寄駅に到着。

近鉄に乗り換えたときにソフトクリームで栄養補給。

帰宅後は汗臭いウェア類の洗濯をしながら夕食。

ビール2本と焼酎1杯飲むのが限界。

皆生より疲れた1日でありました。

2014/09/14

信越五岳トレイルランニング

スタートまで:

AM3:00起床。

出発の準備をして前日にコンビニで買ってたおにぎり2個が朝食。

このレース、斑尾のハイジで朝食がついていますが少ないとのことでした。

おにぎり1個は補給食として持って、5Aのエイドで持っていたことを思い出して補給。

AM4:00にハイジに移動して大会の朝食。

ここで充分な量はありましたが、食べる時間がスタート前になってしまうので事前に食べといてよかったです。

スキー場がスタート会場。

施設にはたくさんのトイレがあって行列ができるものの問題なし。

前半の装備:

・ノースリーブ1枚

・アンダーアーマーのサポートパンツ、ショートパンツ

・モンベルの薄いウインドブレーカ(スタート前だけ使用)

・Ultimatediretion PB V2

・ハイドレ(CCD4袋のうち3袋を使用)

・ジェル4本ほど

・アミノバイタル8本

・梅干し10個

・塩タブ6個

後半の装備:

・FineTrackのフラッシュドメッシュノースリーブ

・半袖ジャージ

・SKINS長タイツ

・ゴアテックスウインドブレーカ

・ヘッドライト

・ハンドライト

スタート:

f:id:harubons:20140916215141j:imageスタート目前

いきなりちょっとした登りですが走れます。

一部歩きの部分がありましたが、ほとんど走れるコース。

クロスカントリーみたいなコースで2時間ほどでエイドに到着。

この時点でよっしーが5分ほど前へ。

Oギノさんが少し前にいて、3Aまで一緒に行くことになりました。

今回もエイドごとに写真を取る気力は最後まで持続する予定。

1A 斑尾山菅川登山口(18.5km地点):経過時間:2:00:00

f:id:harubons:20140916215142j:image1Aのエイド

f:id:harubons:20140916215143j:image斑尾山頂手前の絶景にて

斑尾山山頂の手前から湖があって山があって青い空と絶好の景色をバックに記念写真。

過去2回の八ヶ岳と違い今日は好天。

気温もちょうどよくて最高のコンディションというのが前半の状況。

山頂からの下り、2週間前に痛めた足首が心配で走りがぎこちない感じ。

右足に少し負担がかかるような走りになっていました。

f:id:harubons:20141003110137j:image頑張っている様子

かなり下っていったところにエイドステーションがあり、到着。

2A 斑尾高原レストランバンフ(23.9km地点):経過時間:3:00:00

f:id:harubons:20140916215144j:image2Aのエイド

クエン酸水、バナナなどを補給しすぐに出発。

登りの途中でOギノさんに追いつきました。

Oギノさんとお友達の3人でいくことに。

この区間の後半はいい感じの下り。

f:id:harubons:20140916215145j:imageOギノさんに撮ってもらった余裕の時

3人で気もちよく走れました。

3A 妙高高原兼俣(38.5km地点):経過時間:5:00:00

f:id:harubons:20140916215146j:image3AのエイドでOギノさん、TANAKAさん

ハイドレの水が残り少なくなってきたのでエイドで給水。

40km近く走っているので結構疲れています。

ここから川沿いの地道。軽く登っているようでずっと走るのはつらい状態。

Oギノさんと走っては歩くというのをずっと繰り返し。

途中でかわいい女の子が湧水の給水をしてくれていたので補給。

f:id:harubons:20140916215147j:image湧き水の少女

このあと、すぐに急な登りとなりました。

4A手前から右ひざの裏側が痛みだして下りで着地するのがつらくなりました。

4A 黒姫高原第2駐車場(51.5km地点):経過時間:7:19:37

f:id:harubons:20140916215148j:image4AのエイドでOギノさんと

エイドでテーピングを右太ももに張ってもらいました。

カーフガードの締め付けが悪いのかもということなので、ズラしてラン。

テーピングしてもあまり変わらず、下りが全く走れない事態に。

だらだらと登っていくつらいコースでこの区間が一番ハードだったかも。

登りもほとんど歩きで走れず。

平地区間になるとちょっと走れました。

なんとか5Aまで行けば完走できるという気持ちでここを通過出来た感じ。

5A 笹ヶ峰高原乙見湖(66.6km地点):経過時間:10:35:34

到着したらよっしーが出発する直前。Oギノさんも補給していました。

2人とも元気そう。

f:id:harubons:20140916215150j:image5Aのエイドでテーピング

f:id:harubons:20140916215149j:image5Aのエイドでよっしーとクロス

こちらは痛い箇所は膝というより膝の上下の外側の筋。

5Aのデポジット地点で、テーピングをしていただきついでにマッサージも依頼。

トレーナの方から、右足に負担がかかっており、左足に問題があるのかと鋭い指摘。

2週間前にグネッたのでそれをかばう走りをしていたようです。

股関節の可動域を広げるストレッチとテーピングをしてもらいました。

後半用意に着替えとストレッチで補給、トイレなどで45分ほど滞在。

ここまで来たら歩いてでも完走は出来ると信じて出発。

100mほど行ったところで、体を軽くしておこうと戻ってトイレ。

いっぱい食べているので燃えカスが残っていました。

いきなりの階段。

話しかけて来られた方がいたので一緒に行くことに。

階段を超えると軽い登りか平地。

走れるくらいに足は回復したので後ろについての走り。

30分くらい経過すると痛みが出てきました。

登りが終わると気持ちよさそうな下りですが、痛くて走れず。

途中からヘッドライト、ハンディライトと夜モードになってほとんど徒歩でエイドへ。

6A 大橋(81.0km地点):経過時間:13:41:49

f:id:harubons:20140916215151j:image6Aのエイドに到着

痛みがひどいので再びテーピングとストレッチを依頼。

ふと思いついてロキソニンをもらいました。

このロキソニンで痛みがほぼなくなり下りも少しは走れるようになりました。

ロキソニンの効果は5~6時間とのこと。

ゴールまでの時間を考えたら最後のエイドでももらったほうがよいかなと思いながらのラン。

次のエイドまでの距離が6kmほどで平地もあって快調に走れた区間でした。

7A 鏡池(87.0km地点):

f:id:harubons:20140916215152j:image7Aのエイドに到着

8A 戸隠スキー場ゲストハウス岩戸(92.3km地点):経過時間:16:03:10

f:id:harubons:20140916215153j:image8Aのエイドに到着

Sunntoのバッテリーが3%となってここまでで計測終了。

24時間はもつ設定にしていたはずでしたが。

テーピングはしてもらわず、股関節のストレッチをしてもらいロキソニンもらいました。

あと18km弱、3時間くらいゴールまでかかりそ。

このコースの最高の1748m、瑪瑙山頂まで登ります。

コースマップを見ると、8Aの高度が1300mくらいで頂上まで5kmほどを500m登るような感じ。

その5kmの前半はゆるやかな登りや平坦なところもあって最後に一気に登るコースでした。

ふらふらになりながら1歩ずつ登っていってようやく山頂。

下りも少しは走れますが、急激な下りはちょっと違和感あり。

100km手前、よっしーが履いていたのと同じカーフガードの選手が目の前を歩いていました。

よっしーは私より3時間くらい前にいてるはず。

数分して声をかけてみるとよっしーでした。

右足首を痛めたようで走れないとのこと。

50kmを過ぎたら足に痛みが出るんですね。

ゴール後にOギノさんも近くに居て足を痛めてかなり歩いたのこと。

100kmを超えてあと10km。

f:id:harubons:20140916215154j:image103kmあたりのエイド

残り7kmほどは林道。

ゆるやかに登っているか平地のようなコース。

走っては歩きを繰り返しあと1.8kmと教えていただき、ちょっとペースアップ。

スキー場の中にゴールゲートがようやく見えて、感激。

19時間42分台で無事ゴールできました。

f:id:harubons:20141003110136j:image

f:id:harubons:20140916215155j:imageゴール直後

ゴール後:総合:19:42:51(243位)

ゴール前で写真を撮ってもらって、豚汁を補給。

早くお風呂に入りたいので30分ほどバスを待つため外で待機。

この30分で体が冷えて、鼻ずるずる。

何か所か止まるバス。セブンイレブンで10分の休憩をしたときにビールと軽い食べ物を

買ったらよかったと宿に到着してから思いました。

AM2:30にようやく、池の平のなごみ荘という宿に到着。

f:id:harubons:20140916215156j:imageゴール後の夕食というか朝食?

温泉のお風呂に入って、缶ビール2本と夕食のおにぎり2個を食べ終わったのがAM3:30くらい。

お布団に入ってうたた寝しているとAM4:00くらいによっしーもかえってきました。

同じように缶ビールを2本、AM5:00に飲んでいました。

その他:

・コースの高低図とSunnto Ambit2の高度計があると便利。

・ジェル系の補給食は100kmを超えて2つだけ食べただけ。

・アミノバイタルは結構補給したのでもっててよかった。

 (効果があったかどうかは不明)

・変な走り方をしていると50?以降はとんでもないことになることを痛感。

・UltimateDirectionのボトルは水の出方がわかりずらく使いにくい。

2014/07/20

第34回皆生トライアスロン

AM4:00起床。

前日にイオンで菓子パン4個とヨーグルト、ミルクティーを買っておりそれが朝食。

AM5:00にホテルわこうを自転車で出発し会場へ。

ナンバリングは変子さんに前日に描いてもらっているので受付をしたら後は待つだけ。

レース前の事前準備は完了し、AM6:40にSWIM会場へ。

10分ほどアップして最終準備も完了。

本日は午前中は薄曇りで午後から晴。

最高気温は30度との予想でした。

翌朝新聞を見るとこの日に梅雨明けしていたようです。

SWIM:1:04:59(649位)

AM7:00。70分の列からゆっくりと発信。

1年ぶりのウエット。

水を胸から入れながら呼吸が落ち着くまではゆったりとしたSWIM。

200mほどで左に曲って1500mの上陸地点の手前あたりからようやくエンジンがかかってきました。

f:id:harubons:20140721154617j:imageSWIM中間地点

それでもペースは一緒。

プールみたいな海だったので予想より早かったですが順位はかなり後ろ。

SWIM、まともに取り組まないとそろそろヤバイです。

BIKE:5:21:50(305位)

K川さんにお借りしたシャマルウルトラを装備。

練習での効果をレースでも体験するのが楽しみです。

今回はBIKEの練習不足なので前半はゆっくり目。

いつも大山を超えたあたりで息切れするのでそれがないようにする狙い。

大山を越えるまで体力を温存してましたが、それ以降は自然と頑張ってしまうアップダウンのコース。

登りでは38-25を積極的に活用。

90kmあたりからゆっくりのペースに馴れてしまいペースを上がられず。

f:id:harubons:20140721154618j:image淀江の登りで氷をまた貰いました

100kmあたりの中山のエイドでメロン、オレンジ、おにぎりなどいっぱい補給し最後の後半戦へ。

体力の温存が出来ているので楽しく走ることが出来ました。

あと10kmの河川敷は今回も向かい風。34km/hが限界でした。

昨年と比較すると、

昨年は5:20:35で260位、今回より1分15秒だけ速くて順位は50番も上。

今年は風もなく晴れている割には涼しくて皆さん調子良かったようです。

私もシャマルウルトラのおかげてこのタイムだったと思います。

RUN:4:58:21(343位)

BIKEで足が残っているので出だしは快調。

走り出しも6分を若干切っているペースで走れていました。

f:id:harubons:20140721154619j:imageRUN4km地点、氷をくれる美春

f:id:harubons:20140721154620j:imageRUN4km地点で記念写真

エイドごとに止まって頭と背中とお腹に氷を入れて体を冷やす作戦。

途中からオシッコがしたくなってゴールまでに8回ほどしたので、お腹を冷やしすぎたかも。

15kmまでは前半のペースを維持。

エイドでいっぱい止まるのでタイムはそれほど期待できません。

20kmからペースがダウンし25kmからは低調な走り。

止まるほどでもなく、何とか走れているので脚力もそれなりに残っていました。

あと2kmの陸橋でも歩かず最後まで頑張って走ることが出来ました。

f:id:harubons:20140721154621j:imageあと400m

f:id:harubons:20140721154616j:imageゴール後、心配そうな美春

総合:11:25:10(339位)

K川さんの13時間切りのゴールを待ってからバイクをピックアップ。

f:id:harubons:20140721155107j:image

ホテルに戻ったのがPM9:00。

PM10:00から米子のワタミで14人で打ち上げ。

1時間ほどでエネルギーを補給し、長かった1日が終了しました。

美春はワタミに到着したら料理を食べることなく寝ていました。

2014/02/11

斑鳩ハーフマラソン

急遽、このハーフマラソンに参加することになりました。

スタートの3時間前にちょっと早めの昼食をたべて準備万全で家を出発。

PM0:00スタート。

今回はSunnto Ambitという強い味方がいてます。

画面の一番大きいところにペースを表示してそれを確認しながら走ることに。

目標は昨年の1時間31分程度。

走り出しは4'15"/kmを中心で下りは4'05"/km、登りは4'30"/kmまで落ちてました。

3時間前に食べたものが胃に残っていてちょっとしんどくて足も重たい感じ。

6kmくらい走ってようやく体がほぐれていてエンジンがかかってきました。

気温は低いものの、走ると暑かったです。

エイドでアミノバイタルのコップを取ったら検尿くらい量しか入ってませんでした。

せめて、1/3くらいはいれてほしいですね。

10kmを超えて、コースは田畑の中へ。

今回も遭遇したヤギさんは6kmくらいはパスしており、追いつかれるかと思いましたがそういう気配はなし。

向きによっては向かい風があってペースを見ると平地なのに4'35"/km。

気持ちと足は頑張っていましたが平地のペースが4'15"/kmに戻ることなくかなり落ちているようです。

15km以降は苦しかったですが、無事ゴールで時計を見ると1時間32分36秒。

昨年より1分50秒も遅かったですがなんでかな?

後半、ペースダウンした様子を確認しようとAmbitの結果を見ると一貫して4'26"/kmのペースを維持していたように見えます。

スピードアップがここ数年のテーマです。

f:id:harubons:20140211171837j:image:w560

2013/09/07

八ヶ岳スーパートレイル100km

初100kmなので、詳細に記録。

Ambit2の記録(最後の15分が電池切れで記録されず)

A.スタート時の装備:

(1)ウエア類

  • patagonia Stretch Tank
  • patagonia Trail Chaser Shorts
  • Under ARMOUR サポートパンツ
  • サンバイザー
  • XSocks
  • 速乾性のタオル
  • Montrail Bajada 27.5cm
  • Salomon Skin Pro 14+3
  • Sunnto Ambit2

(2)補給物

  • ハイドレCCD水1.8l
  • ペットボトル水500㏄(コップ替わり)
  • 乾燥梅干し
  • パワージェル5個程度
  • ソイジョイ3本程度
  • アミノバイタル5本程度
  • CCD2袋

(3)その他の持ち物

  • ブラックダイヤモンドアイコン
  • ゼントス閃
  • 小銭
  • 貴重品(全財産、カード)
  • ガラケー(要らんかった)
  • スマホ
  • 予備充電器
  • ティッシュ4個
  • バンドエイド、補強テープ
  • モンベルの超軽量ウインドブレーカ

B,松原湖からの装備:

(1)ウエア類で変更、追加したもの

  • patagonia Short-Sleeved Fore Runner(寒さ対策のため半袖に変更)
  • SKINS A400 3/4タイツ(寒さと筋肉サポートのため変更)
  • CAP(雨と寒さ対策のため変更)
  • アームウォーマ(寒さ対策のため追加)
  • クラフト インナーノースリーブ(寒さ対策のため追加)
  • ユニクロ イージーエクササイズショーツ(SKINS用)
  • patagonia Light Flyer Jacket(雨・寒さ対策のため追加)
  • バイクグローブ

(2)補給物

  • エネルギーイン1個など補充

(3)その他の持ち物

  • 変わらず

C.スタート前:

AM5:00起床、AM6:00過ぎに出発。

f:id:harubons:20130914210355j:image乙女座宮の玄関にて

スタート地点のサンメドウズスキー場までは車で15分ほど。

トイレをすませて、デポジットとゴール後の荷物をあずけ、持ち物チェック。

水、ウインドブレーカ、ライトの3つを持っていればOK。

参加者のスタイルを眺めていると、シューズはモントレイルのバハダやホカが多かったです。

1.スタートから第6エイド(貯水池) 18㎞:

f:id:harubons:20130910203653j:image

晴れ間と雲がある程度の気象。

AM8:00先頭から100番目くらいの位置からスタート。

スキー場の駐車場をぐるっと回って1㎞ほどで林の中のトレイルへ。

渋滞で止まりながら進んでいますが、ウォーミングアップでよかったです。

林の中を抜けると舗装路。

八ヶ岳牧場を経て南八ヶ岳林道につながりさらに登っていきます。

歩いている人もいる中、勾配がきつくないのでずっとラン。

Sunntoを見たら1800mを超えており、頭がぼっーとして手の先がしびれているような感覚。

軽い高山病?

エイドに到着すると、軽く補給してすぐ出発。

2.第6エイドからCP1(松原湖) 33㎞ 12:00に到着し12:30に出発:

松原湖までも林道など走れるコース。

右足付け根外側の股関節が痛くて、足に負担がかかりました。

ロードの練習もいっぱいやっといたほうがよいコースです。

林道をぬけて民家のある道路へ。

あと3kmほどでエイド。

途中、男性と女性選手が蜂に刺されて道路に座り込んでいました。

f:id:harubons:20130910203654j:image

エイドに到着。

事前の情報よりエイドの補給は充実。

豚汁、トマト、パンなどを補給し、デポバックに入れていたパンも補給。

食べたら、トイレ大。

着替えをして補給食の補充などしてたら30分も経過。

ハイドレに水を満タン補給しペットボトルにも補給。

第7エイドまでの距離と時間を考えたら水の量は多すぎました。

3.松原湖から第7エイド(NHK受信所ゲート)51㎞ 15:00に到着し15:15に出発:

アスファルトの走れない勾配の登りが延々つづいてるコース。

夜対策の荷物を入れたらバックが重たくなって、つらかったです。

できるだけ水を飲んだりしてリックを軽くすることに専念。

途中で歩いている人と世間話。

ゴールまでいろんな方々と話をしましたが、100㎞は初参加で2年くらいの経歴。

UTMFの資格を取るために出ました。という方が多かったです。

f:id:harubons:20130912075626j:image

ロードの登りがようやく終わると林道を下って第7エイドに到着。

f:id:harubons:20130910203655j:image

4.第7エイドから第8エイド(大河原峠)67km 18:20に到着:

大河原峠まで18㎞の登りという関係者の情報。

松原湖で痛かった右足は復活。

最初は走れる林道だったのでできるだけ走りました。

4㎞くらいで走れなくなって徒歩。

前方に3人ほどいて、3人ともポールを持っています。

こちらはなにもなくて自分の足だけ。

ポールの人に追いついてまた世間話など。

途中から雨がひどくなってきたので、Jacketをリックの上から着用。

前のファスナーは締められませんが、雨対策にはばっちり。

PM6:00くらいには到着予想でしたが、PM6:20に到着。

この区間が登りっぱなしで一番しんどい所で標高2100m。

テントがあって中をのぞくと数人が毛布をかぶってストーブにあたっていました。

ここでリタイヤする人?

f:id:harubons:20130910203656j:image


5.第8エイドからCP3(白樺湖) 85km 21:00に到着:

大会関係者が白樺湖まで18㎞のロードの下りを言ってました。

それを聞いて、補給する水を少なく調整。

雨と霧が出て前がちゃんと見えず。

3人くらいで出発しましたが、すぐに置いていかれて1人旅。

ゆるい勾配のアスファルトをどんどんと下っていくうちに前方にランナーを発見。

リックサックやウェアがライトに反射してわかりやすいです。

だいぶ下るとちょっとだけトレイル。

それを抜けたときに、「あと11.9㎞です」とのこと。

さらに下って建物もあるようになって村の中のような場所まできましたが、まだCP3は見えず。

レストランの入口に自販機があって、ミカンジュースが飲みたくて200円で500㏄のジュースを

買って一息休憩。

降りてからが長かった。

後半はランとちょっと歩きを入れたりしながら左に曲がるとあと1㎞という関係者の情報。

ようやく到着し、豚汁2杯と冬みかん5個、ジュースを1杯いただきました。

f:id:harubons:20130910203657j:image


6.CP3~ゴール 96km 23:51:28でゴール、年代別7位、総合:

いきなり登り。

数人で一緒に行くことになり「どれくらい登るんでしょうね?」と世間話。

登るほどに私が先導するようになり、ヘッドライトとハンディライトで辺りを照らしながらの歩き。

前半に民家があったり、登っていくとドーム型のテントを張っている方がいてました。

雨はやむ気配はないですが、寒くはなく、ハイドレの水を結構補給していました。

コースがわからず、前半の草場から岩ごろごろになって急なコースになったりで平坦になって頂上?

かとおもったらそうではなくてまた登り。

進むほどにゴールが確実に近づいているのが心の支え。

雨と霧でずっとトンネルの中を歩いているような状況でようやく下りになったことを確信。

f:id:harubons:20130912075627j:image

石があったりするので小走り程度がせいぜい。

黙々と進むうちに4人グループに追いつきました。

ぬかるんでいるのでみんな慎重に下山。

途中ですべってしりもちをついたら手袋や服がドロドロ。

あとゴールまで2.5㎞と関係者が伝えていただき、「まだ2.5㎞もあるのん」という心境。

ようやくトレイルを超えて舗装路。

ゴールまで2㎞はありそうですが、下りなので最後に頑張って走りました。

ゴール付近に登りがあって、あと800mがまた登り。

走れないので徒歩。

あと150mになってようやく走りだして、本日中にゴールすることができました。

f:id:harubons:20130912191444j:image

7.ゴール後:

デポバックと着替えを受け取って、100マイルをリタイヤしていたA山羊君と合流。

スープときゅうり1本を補給し、ちょっといっぷく。

f:id:harubons:20130910203659j:image

100円で入れる温泉がゴールにあるので、そこで汗を流してようやく一息。

どこかにビールが売ってないかと探しましたが、見当たらないので500mlのジュースを飲みました。

仮眠所にいくと満杯で、廊下に畳半分ほどのエリアを確保し毛布を敷いてて横になって休息。

M野さんにゴール後の待ち合わせ場所とAM4:30のバスの連絡をしました。

仮眠できるほどの状態ではなく2時間30分ほど横になっただけで終了。

4時30分のバスでスタート地点のサンメドウズスキー場に送迎していただき、AM6:00過ぎに到着。

20分ほどで到着した長坂IC近くのコンビニで朝食。

A山羊君からデポバックにいれていたぺちゃんこの菓子パンを提供していただき、それが朝食。

デポバックに6個くらいにパンを入れて食べるつもりやったのでしょうか?

A山羊君に近くのガソリンスタンドを探してもらい、1軒があいていることがわかり無事ガソリンを入れて

帰路へ。

このあたりのガソリンスタンドはAM7:30からオープンするようです。

帰りはA山羊君にほとんど運転してもらい、途中で運転を交代してPM0:00過ぎに無事帰宅。

M野さんは車の中で爆睡。

家でごはん食べたらむっちゃ眠たくなって2時間ほど寝ました。

 

2013/07/15

第33回皆生大会。

私にとっての15回目のトライアスロン

美春のUSJの日記があるので、1日遅れで皆生日記。

AM4:00起床。AM5:00ホテル和光を出発。

いろいろ準備をしてAM7:00のスタートを待つのみ。

SWIM:(結果:01:06:41)

アナウンスによると曇り、気温30度。湿度65%くらい。

AM7:00、外側から70分のグループあたりからバトルはなくマイペースで水泳の開始。

流れも風もなく泳ぎやすて32分くらいで中間ポイントに上陸。

水を2杯飲んで、復路も順調。

出来るだけ泳いでいる人の後ろについて泳いていました。

BIKE:(結果:05:20:35)

CCD2本、固形物2個、ジェル2個。

藪Tさんが着替えているのを発見。

5分くらいの差があったようですが、トランジションで挽回して5kmも行かないうちに追いつきました。

楽に走れるようなペースで終始走行。

前半にU瀬さんやF川さんもパスして大山の登りでY木さんを発見。

F川さんには、淀江の登りで抜きかえされました。

さすが、バイクの練習をストイックにされているだけあります。

Y木さんとは110km地点まで抜きつ抜かれつの状態でしたが、あとは私が抜け出しました。

日が射すと暑くて、曇り空になると我慢できる暑さ。

途中のエイドで停止して体を冷やしたり食べ物を補給。

後半は結構向かい風があって走るのにちょっと苦労し、無事終了。

RUN:(結果:04:48:10)

ウエイトトレーニングとBikeで無理しなかったので足が残っています。

今回はあまり抜かれることなくJoggingペースを維持。

背中に氷を入れて体を冷やしながらいくと結構快適。

折り返しの22km地点まで特にしんどくなく到達。

折り返し手前でY木さんに追いつかれて、Y田さんには1分差まで詰められましたが、ここから頑張りました。

F川さんもパスして5分/kmくらいまでペースをあげて5kmくらいは走ったようです。

30kmを過ぎても足はまだまだ大丈夫。

再度のペースアップはダメでしたが、つぶれることなく最後まで走りきることができました。

総合11:15:26(269位)

ゴール後:

鳩野家族が応援されている陸上競技場の入り口で帰ってくる友人達の応援。

その後、鉄人ラーメンを食べてとゴール後のご褒美を頂戴し、シャトルバスでスタート地点に戻ってバイクに乗ってホテルへ。

ウェアを洗ってシャワーを浴びて、缶ビール。

PM10:30から恒例の八犬伝で打ち上げ。

さすがに生ビール4杯、1時間程度で終了しホテルへ戻って長い1日が終了しました。

2013/02/17

泉州マラソン

AM5:30起床し、AM7:57発の電車で出発。

新今宮でO村さんと合流し、AM9:00会場に到着。

りんくうタウンの陸橋が寒そうなので、アンダーアーマーの冬用で防寒対策。

目標は3時間30分切りでかるくアップして準備完了。

f:id:harubons:20130218073223j:image

マラソン:

AM10:30スタート。

M木さんが横におられたので6kmあたりまでおしゃべりしながら並走。

50秒くらいのロスタイムで1kmが6分30秒、2kmで5分15秒。

3km以降で5分/kmのペースに上昇。

8kmくらいまで、このペースを維持できましたが、それ以降は右肩下がり。

ハーフのダメージが残っていて、3kmあたりで足の筋肉痛が出てきました。

22kmあたりでリレーで走っている吉本芸人のちゃらんぽらんさんと5分/kmにもどして2kmの並走が限界。

24kmあたりで後ろにいてるはずのO村さんが前で歩いているのを発見。

「なんで後ろから来るのん!?」とO村さん。

「足痛いんです。:-<」と私。

T丘さんやきっしゃんに途中、応援してもらい、O村さんに追いついたり離されたりしながら陸橋を往復。

[あと2km]の看板からO村さんが「ラストスパート、行くでぇー」と4分30秒/kmくらいで飛んでいきました。

それを見送って、なんとか歩かず、3時間56分台でゴール。

辛かった42kmをなんとか完走。

ゴール後:

ぶた汁を頂戴して、缶ビール片手に南海電車で新今宮へ。

阿倍野温泉まで徒歩で移動し、暖かいお風呂でリフレッシュ。

恵比寿屋で2人で一升ほど呑みながら反省会をして終了。

ゴールできてよかったです。

f:id:harubons:20130218073224j:image

2013/02/11

斑鳩の里ハーフ

15年ぶりくらいに斑鳩の里法隆寺ハーフマラソンに参加。

河内長野ハーフでは1時間35分くらいかかっているので、平地のハーフだと1時間32分くらいが予想タイム。

出来れば1時間30分を切りたいのが目標。

PM0:00スタート。

ロスタイムは10秒ほど。

1kmのタイムは4分15秒ほど、2kmで8分30秒弱とまずまずのペース。

というか今のレベルでは最初の入りとしてはちょっと速いかもしれないので少し自重。

前半は登りが多くて、全体的にコーナーが多いコース。

ラップを取っていないのでペースがいまいち分からず。

12kmあたりでほぼ並走していた4位の女性に目標タイムを聞いたら1時間32分切り。

1時間30分が切れそうな気がしていたので、ちょっとがっくり。

14km地点で前方の黄色のジャージの男性、八木さんに似た走りでゼッケンを確認したら正解。

10kmくらいでこそっと抜いて行かはったのに追いつきました。

八木さんにペースを聞いたら、4分23秒/kmということでやっぱり1時間30分は切れない状況。

とりえあず、八木さんに負けないよう頑張ってついていって残り3kmで並走できる状態までもっていって、「勝てる」と思ったのですが、残り2kmでペースアップした八木さんについていけませんでした。

最後まで頑張って走って、ネットタイムで1時間30分47秒、年代別7位でした。

ゴール後に、具沢山のぶた汁を頂戴して回復。

43回も続いているいい大会です。

2013/01/13

信太山ウルトラクロスカントリー20km

ほぼ毎年出場しているクロカン。

今年は60周年記念で20kmの部が新登場。

左足の甲にテーピングをして、reebok taikan IB2で頑張って走る準備完了。

f:id:harubons:20130113165245j:image黄色が20km

1周目:

AM11:20、先頭から3列目くらいからスタート。

10kmの部のベストが43分くらいなので目標は1時間33分くらい?

イージーペースでスタートしたつもりですが、そうでもなかったようで3kmあたりからしんどくなりました。

1kmと5km地点にエイドがあってスポーツドリンクを補給。

小さい登りと下りがハードで直線のアスファルト区間が心拍数を安定させる休める区間。

7-9kmあたりの登り基調が一番しんどかったです。

f:id:harubons:20130113165244j:imageこれから2周目

2周目:

2周目に向かうときに時計を見ると46分台。

一番楽だったのが、10kmから13kmあたりの平地区間。

頑張って走っているのにスピードがなくて抜かれるばかり。

一定したリズムで走れないのでハーフマラソンよりハードです。

折れたい気持ちに負けず、最後まで粘って走れたことが今日の成果。

1時間36分15秒。98位でゴールとなりました。

ゴール後:

藪Tさん、KOUJIさん、IYODAさんと温泉に行くことに決定。

ラーメン屋さんで補給して、華の湯でリフレッシュ。

来年も20kmに出場して1時間35分を切るのが目標となりそうです。

2012/07/15

2012年皆生トライアスロン

AM4:00前に起床。

AM5:00出発。

f:id:harubons:20120717075515j:image嫌々ガッツポーズ

会場に到着すると、SWIMが中止とのこと。

前日から防波堤を越える波があって予想通りの展開でした。

スタート時間がAM7:00→AM7:40に変更。

2時間30分ほど時間があってやることなし。

そのままスタートしてもらったほうが早く終われていいのですが・・・。

本日の気温は曇り→晴。最高気温は30度くらい。(結果的には最高気温が36度!!)

f:id:harubons:20120717075514j:image第1ランスタート前1

f:id:harubons:20120717075513j:image皆、元気

第1ラン:8.4km(41分06秒:483位)

f:id:harubons:20120717075512j:image位置について

f:id:harubons:20120717104616j:imageもうすぐヨーイドン!!

6分/kmでも良いくらいで行くつもりでスタート。

湿度が高くて走り出すと汗が噴きだすように出てきました。

ゆっくり目ですが、5分10秒/kmくらいは出ていたようです。

藪Tさんが先行し、やまちゃんも前に行きました。

4kmくらいで吸水所がありました。

後半にトイレでおしっこをして41分くらいで終了。

バイク:145km(5時間08分44秒:159位)

バイクウェアで走ったのでトランジッションはスムーズ。

エネルギーイン1個、賞味期限切れのBCAAのジェル?2個持ってスタート。

新品のチェーンでオイルを塗っているので気持ちよくペダリングが出来ます。

やまちゃんはトランジッション、10分くらいで藪Tさんを抜き去って順調に走行。

早朝、曇天なのですずしいです。

風が強くて追い風区間では47kmから55km/hまで上がりますが、向かい風になると20km/hほど。

頑張らないように心がけても60kmあたりでいつも疲れます。

f:id:harubons:20120717075511j:image大山の手前の上り

大山を越えて今回も少し落ちました。アミノ酸系の補給をもう少ししたほうがよいのでしょうか?

淀江の上りあたりから少し復活し、100kmの中山のエイドに到着。

バイクラックにバイクを掛けて、メロンやおにぎり、梅干を補給して一息。

このあたりから晴れ間が多くなってかなり暑くなってきました。

あと40km、走る向きによって超向かい風か超追い風。

最後の5kmの河川敷は超追い風で47km/hも出てご機嫌でバイクが終了。

第2ラン:42.2km(5時間14分51秒:341位)

暑いので補給ボトル付きのゼッケンベルトに変更。

パンツはSKINS A200へ。

走る前にいっぱい食べて、元気に出発。

おそらく7分/kmペース。暑いといつもこれくらいでしか走れません。

5kmを過ぎるとちょっとペースアップできました。

f:id:harubons:20120717075510j:image8kmあたり。まだ元気

8kmあたりで応援団が居てくれたので頑張れたようです。

10kmを越えて15kmに近づくと左足が張ってきました。

朝の8kmのダメージがやってきたようです。

1日に50kmも走ることを想定していません。

来年に向けてDuathlonの練習も必要でしょうか?

いつもより早くストレッチをしながら折り返しの22kmあたりに到着。

帰り、ペースは7km/hくらいまで落ちてエイドステーションで背中と頭に氷を入れて、梅干やオレンジを補給。

一息つくと走れるので次のエイドへの繰り返しでなんとかホテルわこうの40kmまで帰って来れました。

あと2kmから最後の頑張り。

周りのランナーに先行して、ゴールでは後ろに余裕をもって美春とゴールテープを切るつもり。

競技場に入ってあと400m。

アナウンスがないので帰ってきているのがわかっているかちょっと不安に。

ゴール直前にようやく気づいてもらって微妙に一緒にゴールできました。

11時間04分41秒 250位でした。

f:id:harubons:20120717075509j:image私は笑顔無理

f:id:harubons:20120717075508j:imageノックアウトを免れたガッツポーズ

ゴール後:

皆のゴール後、自転車の引き上げをしてホテルに帰還。

恒例の八剣伝の打ち上げはPM10:30からとなりました。

f:id:harubons:20120717075507j:image至福の打ち上げ開始

1時間30分で生ビール3杯などを補給して本日の様子をみんな報告。

ようやく笑顔を取り戻すことができました。

2012/03/11

柏原市民マラソン

3kmの部:

美春は初マラソンで3kmにエントリー。

ちょっと緊張気味でしたが、つうばいつうのみんなが居てので安心している感じ。

AM10:00にスタートして止まらずに3kmを走りきったようです。

f:id:harubons:20120311123613j:imageスタート前1

f:id:harubons:20120311123612j:imageスターと前2

f:id:harubons:20120311123615j:image前半戦

f:id:harubons:20120311123614j:image後半戦

10kmの部:

同じくAM10:00にスタート。

出だしはちょっと抑えるように心がけました。

芝生の上を東に向かっていく頃から頑張った走りに。

サイクルロードに出てから折り返し地点まで向かい風。

3kmを過ぎて心が折れてちょっとペースダウン。

帰りは追い風に助けられてまた頑張って走りました。

距離表示がなかったのでペースは最後までわからず、40分35秒くらい、年代別5位でゴール。

40分を切る練習もしないといけないとちょっと思いました。

2012/02/19

河内長野ハーフ

レースの模様:

快晴ですが、気温が低い日。

AM8:30にI田さんと最寄駅で合流し、会場へ。

途中、みかん10kgを買ったりして予定通りAM9:15には現地に到着。

今回はジョーと3人。

ジョーが準備万全でブルーシートを持ってきてくれてゴール付近の暖かいところに陣取っていました。

日本人より用意周到なアメリカン。というか私が用意不周到なだけ?

AM10:30がスタート。

スタート地点の公園で今回もアップ。

アンダーアーマーの夏用ウェアとノースリーブのバイクウェア、下は六分だけのSKINS。

ジョーはAM6:30から水分の補給を絶って、途中でおしっこしないように心がけていたそうです。

2kmまでゆっくり行くと言ってたジョー、I田さんとほぼ併走。

3kmまでの平地区間は4分20秒/kmかと思われます。

本格的な登りに入るとスピードは落ちましたが、体調は良さそう。

途中で垂れることなく滝畑ダムに到着。

折り返しで表示時計を見ると47分台。

目標の1時間34分以下からするとちょっと遅すぎ?

なんとしても昨年の1時間35分台を更新したいので帰りは頑張りました。

下り区間、体感では4分/km。それでも抜かれるので周りの走力に脱帽。

順位は下がる一方でしたが、最後まで頑張って走れて昨年より1分ほど早く1時間34分39秒くらいでゴールできました。

I田さんも1時間39分台と昨年より記録がアップ。

ゴール後に豚汁を頂き、マラソン大会を堪能。

家から近いし、来年も参加したいな。

ゴール後:

ジョーが1時間28分台で5位入賞。賞品の温泉の無料券を使って温泉へ。500円で入れる風の湯はいいお湯でした。

その後は久しぶりに我家で打ち上げ。

まりあちゃん、ともちゃん、F田さんも合流し、打ち上げ以上の宴会となりました。

ジョーとI田さんの国籍を離れた同級生が鯖街道76kmのエントリに意気投合。

富士山、鯖街道の5月までにラン宴会をしたいと思います。

f:id:harubons:20120219201713j:image

2012/01/08

信太山クロスカントリーの日。

今回は隣のオヤジさんが現地までナビしていただき、外環から泉北を経て光明池を通過していきました。

すんなりと40分ほどで到着できてよかったです。

美春と変子さんは応援で参加。

スタート前にこんなことをしていたようです。

f:id:harubons:20120109080755j:image自衛隊の車の前

f:id:harubons:20120109080750j:image自衛隊の車の中

f:id:harubons:20120109080754j:image真ん中の人の素顔はどんなんかな

f:id:harubons:20120109080753j:image二上山みたい

f:id:harubons:20120109080751j:image巣篭もり

レース:

前の日に35kmも山を走っているのでどんな感じで走れるかちょっと心配。

4列目あたりに並んで用意ドン。

前が詰まっているのでダッシュできなくて体によかったです。

1kmのラップは4分33秒でこれが今日の限界速度でした。

6kmあたりで失速しかけるとつうばいつうの山羊さんが、「やったー、追いついた」と併走されてきました。

前に目標が出来て、山羊さんのお陰で頑張って走ることができました。

ラスト300mあたりで追いつくことができて、45分17秒くらいでゴールできました。f:id:harubons:20120109080752j:imageスタート前

f:id:harubons:20120109080749j:image山羊さんと激闘中

ゴール後:

急いで帰り、花の湯へ。

つうばいつの新年会もあるので35分ほどでしたが、温泉をみんなで堪能。

さらに急いで帰宅して、新年会へ参加。

そして、まりあちゃん、発表されました。

f:id:harubons:20120109082400j:image発表

2011/12/11

東山

レース前:

深夜にお腹が痛くてレース前の神経性胃腸炎?

というわけはなくて、前日の晩に食べた中華料理かアウトレットでちょっと冷えたからかも。

どんどん酷くなってきたらどうしようかとおもいましたが、朝にトイレに行って、ビオフェルミンなどを服用したら回復。

大したことなくてよかったです。

AM6:42の電車に乗って変子さんと出発。

途中でまりあちゃん、ともちゃん、トミーさんとも合流し楽しい東山三十六峰の日が始まり。

レース会場で、O村さん、ジョー、KOUJIさん、IYODAさん、U瀬さん、A山羊君達とも合流し豪華メンバ。

快晴で寒くなくてマラソン日和でなりよりでした。

レース開始:

池を2周回る間にご近所のM木さんと併走。

M木さんのガーミンでは5分/kmですが、4分20秒/kmまであがっていそうな感覚。

いい感じの走りが続いて、第1エイドまでこのまま行ってあとは変子さんと一緒に走ろうと計画。

トレイルに入って山の尾根区間も快調に飛ばして、このままだと転倒のリスク増大かなとおもった矢先に右くるぶし外側を捻って、ペースダウン。

捻った瞬間はかなりヤバイと思いましたが、ちょっとしたら走れたので続行。

10分ほど走ったらまた同じところを捻ってしまい、かなり意気消沈。

それでも走れて第1エイドに到着。

変子さんを待ってる間に、KOUJIさん、IYODAさんとうさぎのU瀬さんが過ぎ去って行きました。

変子さんもやってきましたが、エイドの隅のほうでガムテープを足に巻いており私と同じ箇所を捻ってかなり重症のようでした。

痛みがあるのに走るというので、とりあえず伴走。

ともちゃんに連絡したら、嵐山から引き返して電車に乗ったほうがよいとのことで、「もうやめとこ」と打診しましたが、行ける所まで行くというので伴走を続行。

なんとか走れていて、下りがちょっとぎこちない感じでした。

第2エイドに到着したら、医師の方がおられたので足を診てもらって応急処置。

「これはイってるな」という診断。

私の足もついでに診てもらったら「でっかい足やな、こっちはまだ大丈夫。」とのこと。

結果、最後まで走りきって4時間10分くらいでゴールとなりました。

ゴール後:

予定通り、京都タワーの銭湯に入って、A山羊君が見つけて来てくれた庄屋で打ち上げ。

美味しくてボリュームもあっていい所でした。

来年も参加できるとしたら、ちゃんとテーピングをして怪我なくゴールしてここで打ち上げをしたいと思います。

f:id:harubons:20111211205351j:imageメンバーの一部

f:id:harubons:20111211205348j:image真ん中のA山羊君、レースでもノックアウト

f:id:harubons:20111211205347j:imageテンカウントされているのに 1

f:id:harubons:20111211205346j:imageテンカウントされているのに 2

f:id:harubons:20111211205345j:image打ち上げの風景

2011/07/17

’11:皆生トライアスロン

スタートまで:

AM4:00に起床しお弁当とそばとヨーグルトを補給。

AM5:00に会場へ移動。

ナンバリングは各自ですませているのでスタート前の準備は余裕。

酷暑になりそうなので変子さんが日焼け止めクリームを用意してくれたので入念に塗って準備完了。

日焼け止めクリームは威力絶大でした。

f:id:harubons:20110718200334j:image居てたメンバでスタート前に記念撮影

SWIM:

2XUのフルスーツで外側の後方からスタート。

さらに後ろには顔がひきつっている山ちゃんがいました。:-)

水温は24度らしいですが温くて暑そうな気配。

スムーズに泳げて中間地点の1600mでは31分で上陸。

起き上がったら藪Tさんが居られて元気づけられました。

あつくて水を3杯ほど飲んで後半の開始。

周りの選手の状況を見ながら蛇行せず順調に泳ぐことができて無事、上陸。

結果、1:5:44(468位)。

f:id:harubons:20110718200333j:imageSWIMスタート

f:id:harubons:20110718200332j:imageSWIM中間地点:薮Tさんと同時上陸

BIKE:

藪TさんとK川さんも僅差のスイムアップでバイクラックで遭遇。

バイクに乗る前に日焼け止めクリームをまた塗って自転車競技の開始。

前半の平地は向かい風で25km/hくらいしか出ません。

風がある分、体感気温はちょっと低かったです。

5kmまでに藪Tさんを抜いて、30kmまでに福Tさんに追いついてと順調に走行。

変速やホイルの回転などバイクの状態も好調でしたが、40kmあたりの大山の登りで急に後輪がゴロゴロなってパンク。

日陰まで乗ってパンク修理。

タイヤを触って釘などが刺さっていないことを確認し汗がダラダラ出る中、チューブ交換。

その間に藪Tさん、福Tさんが抜いていかれました。

チューブ交換を交換した直後にメカニックさんが来てくれてフロアポンプで空気を入れてくれました。(チューブが噛んでいるところもちゃんと処理してくれたようでした。)

交換から数十kmはチューブ装着不備で大山以降のダウンヒルで後輪がバーストしないか確認しながら慎重に走行。

パンク以外は脱水にならないことに注意して頭から水をかけたりエイドステーションで停止して水分を確実に補給。

藪Tさんと福Tさんに後半に追いついてこちらも脱水症状になっておらず日焼け止めクリームを塗っていたお陰でした。

前半の福Tさんがかなり弱っていて、「体が動かへん。:-(」とリタイアされそうな雰囲気でしたが後半に復活されて、中山のエイド以降、前後しながらの走行。

残り10kmの平地逆風区間でもあまり差が着かずにバイクを終えられていました。

バイク終了地点でよっしーにも追いつけました。

5:33:25(261位)バイクを終了。

f:id:harubons:20110718200331j:imageバイクの応援地点にて

f:id:harubons:20110718200330j:image淀江を登っています:美春が車から撮影

RUN:

腕や顔などに再び日焼け止めクリームをいっぱい塗りました。

頭がボーッとした状態でランの開始。

3kmあたりで美春がホースを持っていたので水をかけてもらって元気復活。

その後も歩いてもゴールできるほどの時間の余裕があったのでさらに脱水にならないようエイドステーションでは入念に補給。

背中に氷を入れて携帯ボトルも保持して7分/kmくらいのペースでラン。

15kmあたりからふくらはぎがヒクヒクしだし、ゆっくりなペースの割に息も荒くてかなりしんどい状態。

SWIMから同じような位置に居た藪Tさんが追い去っていかれたのでこちらも頑張りました。

折り返し後、23kmあたりでよっしーをパス。

信号待ちをしている藪Tさんに追いつくも一緒に走ることができず、我慢のラン。

途中で吐きそうになりますが、何も出なくて胃は大丈夫かちょっと心配になりました。

35kmあたりで嘔吐されていた藪Tさんにまた追いつくことができましたが、こちらもフラフラ。

残り3kmくらいで涼しくなると元気もちょっと出てきてペースアップ。

酷暑の中、12時間も動き回って暑さでまいりそうになりながらも歩くことなくなんとかゴールまで帰ってくることができました。

5:28:16(333位)で総合12:07:25(310位)でした。

f:id:harubons:20110718200329j:imageランの3kmあたりで美春がシャワー担当

f:id:harubons:20110718200328j:image美春のシャワーを取り上げて水浴び中

f:id:harubons:20110718200553j:imageランは終始暑かったです

f:id:harubons:20110718200327j:imageゴール地点の美春

f:id:harubons:20110719071202j:imageゴールまで100m

f:id:harubons:20110719071203j:imageゴール直後:変子さんに兄弟と言われた藪Tさんと

f:id:harubons:20110719075059j:imageゴールできてよかったと安堵

ゴール後:

PM10:00から恒例の八犬伝で打ち上げを開始しAM1:00までレースの余韻を満喫。

ランでは吐きそうな状態でしたが、ビールを3杯程度飲めるぐらいまで回復。

無事ゴールできてよかったと安堵の中の打ち上げでした。

f:id:harubons:20110718200326j:imagePM10:00過ぎから打ち上げ開始

f:id:harubons:20110718200325j:image終始前後していた藪Tさんと熊本の角Tさんと

2011/04/24

レース前:

AM4:00起床。

TVの天気予報では宮古島は晴れマークのみ。

風もなく最高気温も23度くらいと10年に1回くらいの最高の気象条件。

ボリュームたっぷりの朝食を頂戴してAM5:00過ぎに変子さんに東急に送ってもらいレースの最終準備。

宮古島では朝露があってバイクに自転車カバーをかけている方が沢山居られます。

持ってきたボトル2本をさしてチェーンオイルを塗って準備完了。

両親の部屋に行ってトイレをお借りしてゆったりしたレース前の準備となりました。

こんなことは2度とできないかな。

ホテルのプールでウォーミングアップをしてSWIM会場へ移動。

こちらがゆったりしている間、変子さんは杖とシューズを忘れたのでグリーン荘に取りにUターン。

再びやってきたら車を止めるところがなくて前浜のほうで無理やり駐車してとぼとぼとレース会場へと移動したようです。

SWIM:

f:id:harubons:20110426222805j:imageゆるキャラ大好きな美春

f:id:harubons:20110426221240j:imageSWIMスタート

AM7:00、2XUの新品のフルウエットスーツで1時間超のゆっくり組の後方からスタート。

水が冷たいのでフルウエットがいいです。

バトルもなくマイペースで泳ぎながら、おしっこを試みましたが出すことができず。

7年愛用しているロングジョンだと出来たのですが、今回は新品のためか発射することができません。

何度も発射を試みながらのSWIMをしてたらあっという間にゴールでした。

SWIMアップすると変子さんや美春にY形さんも居られて写真を撮っていただけました。

f:id:harubons:20110426221531j:image余裕で着替え中

BIKE:

調光レンズの眼鏡、半袖ジャージ。エネルギーインと梅干となんとかバーをポケットに入れて出発。

走り出してサドルが低く感じましたがそのままいくことに。

呼吸の乱れもなくてスムーズな出だし。

ノースリーブと入れ間違った半袖ジャージでしたが冷たく感じる風がさえぎられてよかったです。

あんまりがんばらないペースですが、順位はぐんぐんと上昇。

風もほとんどなくて快晴なので池間島の橋の上など景色は最高。

途中でnakagawaに乗った方やシルベストのジャージを着た人とお話をしながら100kmまでは快適にサイクリング。

2周目の池間島を超えて比嘉ロードあたりで完全に1人になってしまい、ボトルの水もほとんどなくなって脱水を心配したのが唯一の不安点でした。

RUN:

スポーツサングラス、ノースリーブに着替えてスタート。

度が入っていないので周りがよく見えません。

度つきの眼鏡のままのほうがよかったかも。

バイクが楽だったので足があまっていて元気。

5km地点までの2つのエイドステーションは止まることなくコーラだけを飲んで通過。

5km過ぎでY形さんに声をかけてもらい、6km地点で変子さんや美春がいて記念撮影。

「悲しそうな顔をしていた」と後で言われてましたがまだウォーミングアップ状態でした。

f:id:harubons:20110426221238j:imageまだ余裕な状態

体がなじんで来るとペースが上がってきて1kmごとの距離表示がすぐにやってきていました。

時計をしていないので正確なペースはわかりませんが体感では5分15秒/km。

そんな状態で折り返し地点に到着。

計測時計を見たら8時間8分台。

とりあえずいける所までペースを維持して頑張ってみることに挑戦。

向かい風から追い風に変わりましたが暑さはそれほど感じなくてランの途中で5回ほどおしっこをしました。

補給はコーラ、オレンジ、梅干がほとんどでバナナを1つだけ。

30kmを過ぎると足が重くなりだして35kmあたりから6分/kmくらいのペース。

残り2kmは登っていて本日の一番辛い状態となりました。

なんとか止まらずに競技場に入ると変子さんや美春が待っていてくれて美春と手をつないで一緒にゴールまでラン。

美春も400mほどを途中で足が痛いと言わずにちゃんと走ってくれていい感じでフィニッシュできました。

f:id:harubons:20110426221235j:imageカメラ目線で余裕の美春ということを写真で知りました

f:id:harubons:20110426222929j:image大阪の強豪

f:id:harubons:20110426222926j:image鳥取の強豪

f:id:harubons:20110426221647j:imageノッチも居てました

ゴール後:

グリーン荘でお酒を飲んでいる川平のおじさんから「何時にゴールするんや?」と変子さんにしきりに電話がかかっていたそうです。

ゴールしたその足でレンタカーで民宿へ移動。

PM6:00過ぎからビールで祝杯を挙げて、あとはTVでゴールシーンを観戦。

ご両親も今日はホテルの豪華な食事ではなく、スーパーで買った刺身や焼き鳥が肴でグリーン荘を味わってもらえました。

結果:

 SWIM: 1:02:27(774位)BIKE: 4:59:35(188位)RUN : 4:12:46(261位)

 総合:10:14:49(229位)

2010/07/18

AM4:00起床、AM5:00出発。

今日も暑そうなので12時間くらいかかりそうな気配。

部屋で日焼け止めを塗って、ランのときにボトルポーチも用意し装備は万全。

スタート前に余裕で準備完了したつもりが、自分のゼッケン番号とは違うところにバイクとトランジッションバックをかけていたようで、名前をアナウンスされてバイクラックにかけつけたら正しい所に直してもらっていました。

トランジッションバックの位置はSWIMあがってきてから気がつきました。

普段はしないミスをして嫌な予感、後で現実に。

SWIM:

外側後方から1人でスタート。

変子さんは真ん中の後方からスタートした模様。

ベタなぎで泳ぎやすくて1時間5分台でSWIMアップ。

変子さんは1時間2分台でアップしましたが、トランジッションに12分ほどかかった模様。

K川さんをトランジッションで抜いて、H野さんはおしっこして3分のペナルティを受けてこちらも抜いてバイクへ。

BIKE:

10km手前で藪Tさんに追いつき、大山の途中でパンクしているU瀬さんを抜いて、前はよっしーだけ。

暑いので自重したペースで水のボトルを背中に入れて頭や脚にかけて熱中症対策は万全。

80kmほどで汗だくの藪Tさんが追いついてこられましたが、110kmあたりでパス。

お腹が冷えすぎたのか、途中で10分ほどのトレイ休憩をして5時間30分ほどで終了。

暑かったですが風があって酷暑というほどでもなかった感じ。

RUN:

ゴールしたら藪Tさんがスタートする所でW田師匠が居られてびっくり。

ボトルに水を入れて調子は悪くなくてゆっくり目のペースでスタート。

4.6kmの最初のエイドを過ぎて、U瀬さんが後ろからやってきました。

10kmの看板が感覚より遅かったので体力が右肩下がりになっている気配。

15kmより手前で調子があがらずふくらはぎがすでに攣っていて今日は潰れそうな予感。

米子空港の高架ではちょっとだけ歩いて20kmまでもちょっとだけ歩きが入りました。

折り返し後も8分/kmのペースでたまに歩きを入れての走行。

折り返しに向かう変子さんとは24km地点で8km程の差を確認。

35kmくらいで追いつかれることを予感し、37kmでパスされました。

ホテル和光の陸橋を越えると競技場まで走りとおして、ゴール手前でK保さんやO村さん、ともちゃん、F田さんに迎えてもらって無事ゴール。5時間45分ほど。

結果は383位で12時間25分04秒。

ゴール後:

鉄人ラーメンを補給しK川さんとまりあちゃんのゴールを待って一緒に再度ゴール。

バイクのピックアップをしてと後処理をしてから米子市内での打ち上げがPM11:30くらいからとなりました。

疲れすぎていたのが、運動場へ車で向かうのに手間取ったりゴール後に課題が残りました。

K保さん他、撮影によるドキュメント:

f:id:harubons:20100720184519j:image会場にて

f:id:harubons:20100720181343j:imageまだ元気

f:id:harubons:20100720181342j:image変な2人

f:id:harubons:20100720181340j:image応援しすぎて熱射病になったA山羊君

f:id:harubons:20100720181339j:image帰りの大山でサプライズなプレゼント

f:id:harubons:20100720181338j:imageまだ元気あり

f:id:harubons:20100720181337j:imageもう元気なし(13km辺り)

f:id:harubons:20100720181336j:imageこっちは元気溌剌

f:id:harubons:20100720181335j:image嬉しさ満喫

f:id:harubons:20100720181521j:image辛さが飽和

f:id:harubons:20100720181334j:imageようやく開放

2009/09/29

小松デュアスロン

変子

長年参加したかった小松デュアスロンに初めて行ってきました。

レースの部

デュアスロンは確か10年以上前にR5B30R5のエグザスカップに2度参加しただけ。今回エントリーしたのはR8B65R20のロングタイプ。最近レースから遠ざかっているので、イメージが全然湧きません。転職、手術など色々あったので、練習は7月半ばから。何年も通勤程度しかしてなかったバイクは、やっとノーマルギアで近場を90km程サイクリングできる程度、ランは片道2kmの通勤ジョグメインで20~30kmのLSDを数回しただけで、ペース走やインターバルなどは皆無。低レベルにわか仕込みですが、練習不足を補うべく8月から週3、4回昼休みの20分だけですが筋トレを始めたので、ちょっと体幹はしっかりしてきた感じ。さて、どんな走りになるのでしょう?

予想タイムはR8・・・40分、B65・・・2時間10分、R20・・・1時間50分、計4時間40分。

4時半起床。睡眠6時間。前日の宴会でお酒は味見程度で我慢したので、体調は悪くはありません。朝食はボローニャの食パン1枚、グリコりんごヨーグルト1つ、コーヒー牛乳100cc、グレープフルーツジュース200ml。

まだ走るには暑い季節なので、トレーニング不足より胃炎が一番の心配の種。

朝食後とアップ前に胃炎時の頓服と胃酸を抑える薬を飲んでおきます。

補給はバイク用に水とアミノバリュー各1本と、エナジーゼリー、ミネラルゼリー各1本とキャラメル、アミノバイタルを数個と考えていましたが、大佐、Tィモちゃん、てんちょにパワージェルを恵んでいただき、結果的にこれがいい感じで、梅味3つ消費。

アミノバイタルは、高価なプロ3600mgは気分が悪くなるほどまずくて飲むのが辛いですが、今回鯛さんが安価で調達しておいてくれたスタンダード2200mgはかなり飲みやすくて気に入りました。スタート前にプロ1、バイクでプロ1、スタンダード1、2ndランでスタンダード1、計4袋消費。

ミネラルゼリーはアップ前に半分、バイクスタート時に半分。エネルギーゼリーはバイクで消費。

バイクではエイドは素通りでしたが、ランでは毎回水を一口だけ飲んで被っていました。オレンジも1切れづつ数回いただき、2箇所で氷をいただき、ブラの中に入れて心臓を冷やしながら一口づつ口に入れながら走ってました。コールドスプレーも2回お世話になりました。

ウェアはトライスーツが一番なのでしょうが、持ってないのでどうするか悩みました。トップスはランの腕振りと補給物携帯を考えてノースリーブの3つポケットのバイクジャージで決定。問題はタイツ。バイクパンツで20kmのランは脚の動きに干渉するし、パットが擦れるしで問題ありそう。ランタイツで65kmのバイクも心配。ランタイツはバイクパンツと違って股部分に縫い目があるため、下着が必須。極力擦れや圧迫の少ないのにしても、バイクではサドルで擦れてしまいます。考えた末、ちょっと擦れが気になるけど、基本ランタイツでバイクパートだけ上からバイクパンツを履くことに。

ソックス、ウエアの中など擦れそうなところにはディクトンを、むき出しの部分は日焼け止めをしっかり塗っておきます。

ランシューズはターサーしか持ってないのでこれ1足で決まり。ソックスは長年の定番ニューバランスの鹿の子のソックス。ファーストランからバイクグローブと汗止めのバンダナを巻いてスタート。セカンドランではビショビショのバンダナを外して日よけ効果の高い黒のキャップに交換。

トランジッションの準備とトイレを済ませて、アップはやまちゃんにコースのだいたいのイメージを教えてもらいながら会場近くを少しJOG。暑くてかなり発汗して日焼け止めはすでに流れ落ちた感じ。スタート付近に行くと竹ポさんはすでに滝状態でした。鉄人の部のドゥッさんを見送って、スタート待ち。みんなと一緒なので、緊張感ゼロ。自分の体と相談しながらできるだけ頑張るというスタンスで走るつもりなので、気負いはありません。

1stRUN

レース全体の長さを考えマイペースを心がけるも、やっぱり自然と自分より前の女子選手を観察しながら見えるところで走っていました。前に前回優勝者を含め3人、明らかに脚を持ってる選手がいたので、よくて4番手かと多少残念な気持ちで走っていると、3キロ位で脇腹が痛くなって若干減速。中盤もう1人に前に行かれたので、女子5位で終了。8キロを約35分半、キロ4分半弱。遅いタイムですが、今の自分の練習内容から考えると上出来。

BIKE  

ランシューズを脱ぎ揃えて、メットを被って、バイクパンツとシューズを履いて、ポケットに補給食を入れてスタート。序盤AV34km/h位で走ります。ふと後ろを見るとコバンザメが数名付いていて、マーシャルが頻繁にやってきます。露骨にドラフティングして前を引かずに付いてこようとする人ばかりなので、かなりストレスが溜まります。数キロでひとつ前にいた女性をパス。まったく追ってくる気配なし。この人はランの脚はありますが、バイクは苦手と見ました。バイクで頑張れば最後まで逃げ切れるかも。それをモチベーションに頑張ってると、もう一人前の女性が見えました。1stランの脚を見て、さっきの人同様バイクで差をつけないと勝算ないのでそのまま抜き去りましたが、入賞がかかっているのでその人は必死についてきます。せっかくのレース、ここは勝負しないといけませんが、私が必死で走ってる後ろにコバンザメが4人ほどついて、その後ろに女性が付き位置という形なので、私ばっかり足を使っています。マーシャルが来て後ろにペナルティを課してくれたらいいのにと思いますが、来てくれません。鬱陶しいので何度も切ったろかとペースを上げたり横へ出たり動きましたが、みんな決して前に出るわけでなくひたすらあつかましく後ろに付いてきます。17km位まで頑張れましたが、補給物をポケットから出したりしてる間にコバンザメらが前に出てパックになって行ってしまい、不覚にも力を無駄に使った私は取り残されてしまいました。それでもかなり粘ってそのパックが見える範囲で走っていましたが、だんだんパックが大きくなっていいペースになってしまい、差がついてしまいました。自力入賞が無くなったので、闘争心は消滅。後は沿道の応援やボランティアの方とのふれあいを楽しみに走ります。応援に手を降り返したり、お礼を言ったり、競争とは対極。それでもペースが緩むとふと気づけばコバンザメ・・・トライアスロンやデュアスロンでルール違反のドラフティングして完走して嬉しいのかな・・・折り返してくる選手を順に見ていても、ロードレースまがいのパックがいくつもあったなぁ・・・

久々のレースなので、いつも以上に基本精神に忠実に走りたかったのでした。

後半は、T本さん、Tィモちゃんらに追いつかれないようにと頑張りました。

バイクパート65kmは実走1時間58分、AV30km/h。トランジット含め約2時間3分。練習内容からして上出来ですが、やはりサドルで擦れる部分が痛いとか、お尻が圧迫されて痛いとか、乗り込んでない故の辛さが出てきます。胃もちょっとづつ補給しててもだんだん重たくなってきます。65kmはとても長く感じられ、ブランクの大きかったバイクの走力がまだまだだなと痛感しました。補給ボトルは2本で多くも少なくもなくちょうどでした。

2ndRUN

バイクを降りてトランジッションエリアまで。脚がギクシャクして時間かかります。すぐ後ろでクロスケさんもバイクゴール。トランジットを終えて、トイレを済ませ、再びコースへ。4分ほどのロス。出だし、胃も脚も重くてスピードが出ません。エイドの水を少し飲んでも苦しい位ですが、少しづつ摂取しないとこの暑さでは脱水になりそうと思い、毎回一口摂取を心がけました。そのうち徐々にランの体に戻ってきて、ペースが上がりました。コバンザメを一人また一人とかわしていけます。前半より後半を上げられる気持ちいい走りができました。ラスト5キロ位で応援の鯛さんに「女子3位」と言われましたが、4位のはずやけどどうでもええから最後まで気持ちよく走りたいとだけ考えていました。結果、20kmを実走1時間34分、トイレやトランジットに4分半ほどかかって約1時間38分。最後は待機していてくれた美春と手を繋いでゴール。

トータル4時間16分57秒で、予想してたよりかなり調子よく走れました。

タイムからして2ndランの距離が20kmよりだいぶ短かったように思いますが、どうなのでしょう。

ゴール後、シャワー浴びて落ち着いてたら、よっしーに「3位おめでとう」と言われ、「そんなはずない。もう一人前にいてたよ。リタイアかな。」と話してたら、どうもよっしーがいたパックに女性を含むパックが追いついて大きくなり、ラスト近くで他の選手とはすって女性が落車してたとのこと。

やっぱり清く正しく単独走行しないとトライアスロンやデュアスロンの神様がお怒りになるのだと思いました。

2009/07/19

レース前:

AM4:00起床、AM5:00ホテルを出発。

C40、ニュートロン、Duro、お菓子2個がバイクの装備。

SWIM:

ベタ凪と皆生では珍しいコンディション。

ウォーミングアップでウエットの中で2回おしっこ。

今年はそれなりにSWIM練習をしていたので頑張って泳げました。

身体の下を流れる水が速かったです。

ゴール前に泳ぎながらおしっこするのを忘れてトランジッションでトレイでおしっこ。

BIKE:

体にべちょりとする湿度が嫌な感じ。

SWIMアップ後で力も出なくて50kmくらいまで不調。

大山を超えてからちょっと復活。

ボトルを1個落としてしまい、もう1つも残りがほとんどなくて応援している人でペットボトルを持っていたら貰おかなとおもっていたらエイドがあって救われました。

急な登りは39-25の軽めのギヤで足を使わない走りが終始。

4年くらい前だったらダンシングなど多用して全身を使った走りをしていたはずがここ数年で走り方が変わりました。

後半、雨が降った跡があったり雨も降ったりで気温があがらずコンディションは終始よかったバイクでした。

RUN:

走り始めは足が残っていけてる感じ。

走りこみができていないので、もって30km。

走れる前半で時間を稼いでいく作戦。

ハーフまでは5分台/kmで走れていると思っていました。

30km以降は予定どおりペースが落ちて記録を見ると4:54:03でした。

自分としては4時間35分くらいの感覚でしたが。

レースは途中で中止に:

Runの折り返し以降、豪雨が延々と降り続いて、路肩を走っていると足首まで水につかり車は容赦なく水しぶきをかけてくれました。

体は冷えてうれしかったですが、ボランティアの方々は大変やろし途中で大会が中止になるのではとおもいながら、ホテル和光のあと2kmまで生還。

ゴールできる喜びで最後の頑張りをしてたらあと1kmのエイドで

「大会が中止になりました」と関係者が宣言。

一緒に居た10人ほどの選手が、「せっかくここまで来たのにゴールまで走らせて」と全員の思いを関係者に訴えて、とりあえずゴールまで走れることに。

記録は残らないかもしれませんが、家族も待っているし達成感の終止符をゴールでしたいので走りきりました。

11時間14分34秒。

結果:

記録として認定していただけたようで完走証をもらうことができました。

豪雨となった時点で大会中止も予想していましたが、ギリギリまで大会を継続されて中止後も近辺の選手にはゴールの認定までしていただいた関係者に感謝。

また、豪雨で寒い中、選手をサポートしていただいた沢山のボランティアの方々にも頭が下がる思いです。

ゴール後:

ホテル近所では打ち上げ場所を確保できずいつもの八剣伝へタクシー3台に分乗して移動しPM9:40からPM11:00まで宴会をすることができ、今年も充実した1日を過ごすことができました。

f:id:harubons:20090720193107j:imageホテルで記念撮影

f:id:harubons:20090720193106j:imageSWIM前に記念撮影

f:id:harubons:20090720193105j:imageBIKEスタート直後

f:id:harubons:20090720203727j:imageBIKE約70kmあたり

f:id:harubons:20090720193104j:imageRUNの17kmあたりでまだ元気

f:id:harubons:20090720193103j:image打ち上げにて

2009/03/08

午前中:

柏原市民マラソンの参加するため、変子さんが家からJogで会場へ。

そのあと、スタート時間にあわせて美春を連れて写真撮影と応援。

暖かい中、知り合いがいっぱい出場していて美春もはしゃいでおりました。

結果、44分台くらいで2位。

昼から:

ラン終了後のK保さんとK川さんとグリーンロード-上河内-水越往復の50kmのサイクリング。

昨日の疲れが残っている中、グリーンロード-上河内の坂はかなり堪えましていい練習になった感じ。

終了後は福Tさんも合流しせいすけの進学決定お祝い宴会。

ちゃんと4年間で卒業できるようにがんばってもらいたいと思います。

f:id:harubons:20090308153452j:image

f:id:harubons:20090309072842j:image水越をK川さんと登っている所

2009/02/08

本日も快晴。

変子さんは3週間ぶりのランでいきなり10kmレース。

美春とお母さんとおかみさんと一緒に運転手で参加となりました。

AM5:00に起床。

咳がまだ止まらず調子はいまいちですが、寝てるよりはちょっとでも仕事して

明日以降、楽できるようにというA型人間の性格そのまま。

レース結果、変子さんは44分50秒と信太山と変わらないタイムで年代別5位。

2年前はどうようのタイムで1位でしたが今回は速い人が参加されていたようです。

本日はせいすけのサクラ咲くの朗報もありました。

親としてはかなり良い条件。

他の結果はこれからですが、条件面ではココが1番。

帰りにケーキを買ってかえってとりあえず祝勝会という感じです。

美春の誕生日の本番の日でもありました。

f:id:harubons:20090208164014j:image

f:id:harubons:20090208164013j:image

f:id:harubons:20090208164012j:image

2009/01/11

晴天でにぎやかな雰囲気。

マクドナルドのマークに美春が反応して表彰台にあがって興奮していました。

そんな美春を藪Tさんが面倒みてくれるので8人の仲間に混じって久しぶりに夫婦でスタートラインへ。


スタート後の混雑をすり抜けて300mほどで変子さんと福Tさんに追いついてパス。

4kmくらいで40分ほど前に食べていたおにぎりが胃を圧迫してきてちょっとペースダウン。

心拍や足も目一杯状態になって気持とペースがあっていない状態が8kmまで続いて福Tさんに

パスされました。

そのあと、よっしーと変子さんにパスされましたが残り2kmはふんばって3人で抜きつ抜かれつの

デッドヒート。

最後は私が抜き出て残り200mのところで藪Tさんと美春の応援も受けて45分5秒くらいでゴール。

変子さんは女子3位でした。

藪Tさん、ありがとうございました。

写真集:

f:id:harubons:20090111182834j:image本日のお父さん

f:id:harubons:20090111182833j:image魅せられて

f:id:harubons:20090111182832j:image棒を頭に

f:id:harubons:20090111182831j:image応援中

f:id:harubons:20090111182830j:image応援にこたえて

f:id:harubons:20090111182829j:image表彰式

2008/12/07

午前中:

変子さんが長居30km走の日。

喉がおかしくて薬飲んだり、昨晩はAM3:00くらいまで起きて仕事みたいなことをしていたようですが、出走はできるようです。

天気が良いのでゴール間際に長居にいくつもりでそれまで美春と図書館で時間つぶし。

昼から:

車で長居へ移動し、第二競技場の向かいにあるライフで駐車。

応援団のゆりさんの情報によると後半ペースが落ちているとのこと。

最後の2周を応援して競技場の中に入ってゴールのお迎えをして終了。

本人のコメントによると

 ・アップはしんどかった

 ・走り始めると意外にいけた

 ・5kmで13分切りのグループから抜け出してしまった。

  1分以上の貯金ができてしまった。

 ・12kmくらいから失速

 ・前は水しかなかったがポカリスエットがあってよかった

 ・ゴール後、ボランティアの女子高生がくれた暖かい甘い紅茶がおいしかった

 ・参加賞がケーキで1000円の元が取れた

 ・力を出し切ってよかった

ということです。

2時間16分台くらいで3分ほど及びませんでした。


帰宅後、つうばいつうの忘年会まで時間があるのでのどか村手前まで15kmのRun。

2日で40km走れて脂肪もすこし取れてお腹がすっきりしました。

さらに帰宅後、天王寺のカラオケ店で忘年会。

結構飲みましたがお隣様がご一緒だったので帰りは乗り過ごすことなく無事帰宅となりました。

f:id:harubons:20081207165352j:image到着して早速ポーズ

f:id:harubons:20081207165349j:image25kmあたりでしんどそう

f:id:harubons:20081207165350j:image3分間に合わずゴール

f:id:harubons:20081207165351j:image応援団と共に

2008/11/02

レース前:

AM7:40出発。

駐車場からの移動を考えて自転車を積んで現地へ。

現地に到着すると駐車場がいつもの所でなくてさらに遠かったので備えあれば憂いなしを実感。

この大会、15年くらい前は頻繁に出場しており晴れて暑い印象。

サポート役の私としては、おにぎりを持参して手早く補給を済ませて久しぶりに温泉に浸ることがお楽しみ。

レース中、美春をトイレに連れていったり、おにぎりや飴ちゃんが食べたいというのに対応して親らしい振る舞いもできました。

もうちょっと大きくなったらいっしょに5kmのマラソンに出れるかな。

レースは:

今日も好天でレース日和で、記録は1時間35分47秒。

本人や知り合いの談話によると

 ・スタート前にアレルギーと胃薬を飲むのを忘れた

 ・1時間30分切のペースメーカーに10kmで千切られた

 ・脇T師匠を3kmでパスして見えないところまで行ったけど12kmで失速。

 ・パワージェルを食べたら血液が胃に行って力がでなかった(サポート役として与えんほうがよかったとちょっと反省)

 ・15km過ぎてからちょっと復活

 ・足は出来ていたが、内臓がついていかなかった

 ・レースで揉まれないとあかんのかなー。

ということでした。

ゴール後:

本日の2つ目の目的の大淀の温泉へ15年ぶりくらいにきました。

しょぼい温泉ですが、風呂場から吉野川が一望できて昼間から温泉に浸かれて正月気分で久しぶりに贅沢な味わいをして心のリフレッシュもできました。

美春や変子さんも長いあいだお風呂場から出てこなくて楽しんでいたようです。

帰路の途中:

香芝のパテェシエチャンピオンの「ステラリュヌ」へ。

変子さんはアスリートから甘党に見事に変身して定番のタムロールと

バームクーヘンをうれしそうに買っていました。

味はどちらも濃厚で変子さんは堂島ロールよりおいしいと言ってました。

三田のロールケーキに似てるかも。

f:id:harubons:20081102161724j:imageスタート整列前

f:id:harubons:20081102161723j:imageスタート直前

f:id:harubons:20081102161722j:image3kmあたり

f:id:harubons:20081102161721j:imageゴール前300mの真剣な表情

f:id:harubons:20081102185154j:image上西嬢と

f:id:harubons:20081102185153j:image3歳やのにオムツ丸出しダンス

f:id:harubons:20081102185151j:image温泉にて

2008/07/20

皆生トライアスロン

開始まで:

AM4:00に起床。

スーパーで買ったお弁当を冷蔵庫に入れたら凍ってカチカチ。

4階に電子レンジがあったので暖めて食べましたがパサパサでほとんど餌状態。

AM5:00からK川さんに送っていただき、会場で準備完了。

ちょっと飲みすぎと暑いので起床から水分を大量に補給。

水泳会場ではアップのときに泳ぎながらおしっこを2回とスタート後も泳ぎながら3回しました。

ゴーグルを忘れて来たので変子さんのを借りて、水が入らないようゴムを調整して準備完了。

SWIM:3km

外側から泳ぎ始めて無事スタート。

ゴーグルは問題なく順調に泳げました。

中間地点の浜に上がると38分。

応援の変子さんとK川さんによるとちょっと前に藪Tさんが居てるとのこと。

後半も順調に泳げて、コースがちょっと短くなっていたようで浜にあがって草履で小走りでトランジッションエリアへ移動。

掲示の時計を見ると1時間18分くらいでした。

BIKE:145km

雲がかかっていてまだ暑くない時間帯。

調子も悪くない感じで快調に順位を上げていけました。

30kmまでにU瀬さん、福Tさんをパス。

大山の登りに差し掛かり藪Tさんが前に見えて過去のレースパターンのような展開を予想。

いやな予感:

小さな下りの箇所でDHバーの左側のパットが金具ごと脱落してしまいました。

下っていたので拾いにいくのを諦め、レースに集中。

ほどなく藪Tさんにも追いついて、ちょっと前にF川さんも居てるとのことでとらえるのも時間の問題と思っていました。

急に失速:

大山の登りの後半から暑く感じるようになって急に失速。

25のギヤで軽めにすると女性にも抜かれるようになりました。

調子出ないなと思っていると藪Tさんに追いつかれてしまい、「ガス欠か?」と声をかけられたのでそうかもと持っていたどら焼きを補給。

食べてもそれほど変化がなくて、ダンシングすると右太ももがちょっと痙攣状態。

50kmほどで痙攣するほどの練習量でもなく、脱水気味かなとおもってエイドで水をかぶりまくって体を冷却。

後半のエイドでは立ち止まって水をかぶってメロンやおにぎりも補給し体力の回復に努めました。

RUN:42.2km

トランジッションにK川さんと変子さん、美春の応援団がいなかったので3人で境港でおいしい魚介類を食べているんやろうなと思って後で聞いたらその通りでした。

M波さんがお母さんと応援されており、声援を受けて出発。

ペースはいきなり7分/kmくらいで両方のふくらはぎが攣りそうでした。

腕時計は邪魔なだけでSWIMから無し。

ひょっとしたら7分30秒/kmかも。

着実に走ってはいるものの5km地点の表示までえらい長い時間がかかり13kmくらい来たかなと思っている地点に10km地点の表示。

12時間は覚悟してエイドで水をいっぱい体にかけて体を冷やして次のエイドに向けて出発。

ふくらはぎのストレッチをしようとしたら脛の筋肉が攣りそうになりました。

長い時間かかって折り返し地点の時計を見ると9時間30分くらい。

帰りも復活することなくエイドで水をかけまくってオレンジと梅干とたまにおにぎりを補給。

おしっこも4回ほどしてひたすらゴールへ。

残り5kmを越えてもまだまだ遠いと感じるゴール。

競技場に入ってようやくほっとして美春とK川さんと手をつないで3人でゴールテープを切りました。

12時間18分くらいでした。最大の目的をなんとか達成。

ゴール後:

遅かったので時間がなくてマッサージは諦めて、鉄人ラーメンだけは食べて目的は全て達成。

一緒に参加していたゆりさんがが制限時間の15分くらい前に無事ゴール出来て打ち上げへと移動。

打ち上げは米子市内の八犬伝。

PM10:30から開始で生ビール4杯ほどしか飲めず、内臓もかなり消耗していたようでした。

美春も朝4時から起きて、3回昼寝してPM11:00くらいまで居酒屋で起きていました。

f:id:harubons:20080722125247j:imageレース出発前にメンバと記念撮影

f:id:harubons:20080722125248j:imageRunの15km過ぎ、まだまだ長い

f:id:harubons:20080722125249j:imageようやくゴール!!

f:id:harubons:20080722125250j:imageゴール後は死体化

2008/02/17

泉州国際マラソンに参加

出発;
寝室で寝たまま美春と変子さんが、「がんばって来てねー」とエール。
1人で遊びに行くのでそういう対応で気楽に出発。
高井田駅、AM8:28発の電車に乗ってAM9:40くらいに会場に到着。
天候、晴れ。気温、結構寒め。
S浦さん、藪Tさん、O村さん達と合流し、アップもやって準備完了。
寒いし、予定時間は4時間弱なので長いタイツに長いバイクジャージに耳あてがついた帽子も被って陸連登録の部、先頭から10列目くらいの位置取り。

スタート~10km:
S浦さんやO村さんが5分/kmで行くというので私も同調。
2kmまではそのペースでいけましたが、とても維持できず5kmは結局26分ほどかかりました。
その後、O村さんにパスされましたが5分をちょっとオーバーするペースで行くことにして最初の関門を通過。

~20km:
12kmくらいから足にダメージが出てきてちょっとヤバイかもという感じ。
ペースはちょっと落ちたかもしれません。
高石ともやさんに追いつたのでちょっとの間、並走してパス。
岸和田の手前から雪がちらほらしてくると早くゴールしたくなってちょっとペースアップができました。

~30km:
雪が舞ってペースがあがったのでO村さんにも追いつきました。
平均すると5分15秒/kmくらいのペースになってたようです。
ここまででトイレ2回。
沿道の方からバナナ1.5本、チョコレート2粒を補給。

~ゴール:
30kmを過ぎても我慢できていたのでペースを維持。
海からの冷たい風の陸橋区間は耐えられずペースダウン。
後半は寒くてずっと耳まで防寒してペースダウンはしたもののなんとか潰れずにゴールまでたどり着けました。
3時間47分くらいでした。

ゴール後:
打ち上げには参加せずに豚汁を頂戴して高井田経由でPM5:00に無事帰宅。

マラソンを完走しての足の痛みは心地良い感じです。

2007/07/16

皆生のレポート(07/07/15)

前日:
AM7:40家をでて黒川さんをピックアップして皆生へ。
台風接近に伴い中国自動車道は車が少なくて渋滞なく、AM11:30に皆生に到着。
海鮮丼を食べてから米子市内へ移動。
晩は近くの居酒屋で前夜祭。

当日の早朝:
小雨の中、AM7:40にホテルを出て会場へ。
警報がでていないので、デュアスロンに決定。
トータル50kmもRunするのでアップなし。

第1Run:8.3km、40分17秒(285位)
AM9:30。
雨の中、半そでのバイクジャージ、バイクパンツ、BIKE用CAPでスタート。
並んでいたのは前から6列目くらい。
周りのペースに合わせると出だしは4'20"/km。
心拍の準備ができていなくてこれでは持たないと思い、4'45/kmくらいまでペースダウンすると周りに抜かれまくり。
2kmくらいでペースが落ち着いてきて、そのままを維持して折り返しをUターン。
後半、よっしーと併走でSWIMの上陸地点からトランジッションエリアへ。

Bike:73km、2時間19分03秒(139位)
小雨の中、スタート。
距離が短く、雨なのでボトル1本、補給物なし。
順調に順位を上げながらいいペースで走行と思っていました。
30km地点で馬瀬さんをクリア。
雨の上、後輪を新品にしていたのでグレーチングの上ですべったのでグレーチングの上は慎重に走ることに。
大山もほとんど登らず、小さな勾配を数箇所行っただけでUターンしてゴールへ。
DHバーのポジションはフィットしてましたが、跳ね上げ式のDHバーのほうがよかったと感じました。

第2Run:42.2km、4時間22分58秒(266位)
Bikeスタート時点でほとんど一緒だったよっしーと藪田さんもほぼ同時にRunスタート。
Bikeで差をつけたと思っていましたが、全然差がついていないのがちょっとショック。
上半身は元気で、足も割りと動きましたが周りの選手はサラ足のように走っていき抜かれまくり。
10kmあたりから足が重くなってきましたが、体は元気と変な状態。
5'30"/kmくらいでは走っているつもりが、記録を見るとそれほど上がっていなかったようです。
エイドで補給ばかりして信号待ちもいっぱいしたのでロスタイムはいっぱいありましたが。

15kmから折り返しまでは向かい風もあってちょっとペースダウン。
折り返し後は逆にペースアップ。
25kmくらいで脇田さんが迫ってきていると応援の知り合いに声を掛けられ、27kmくらいの信号待ちで追いつかれて、軽快な足取りで抜かれてしまいました。
1度引退されて今年は猛烈な練習で復活された60歳。
負けるわけはないと思っていたのに、さすがと脱帽。
30km地点で足が攣っている脇田さんに追いついたら何故か集中力が出てきて、ペースがアップ。
藤川さんに追いつき、清水さんも捕らえて落ちていた順位を少しずつ回復。
いっぱい走っているので信号待ちのたびに屈伸をして固まった筋肉のストレッチ。
35kmを越えてから雨が激しく降るようになりましたが、集中力が途切れることなく走れました。
ホテル和光の交差点であと2km、さらにペースアップを試みるつもりが両足のふくらはぎが痙攣しだしてペースアップを自重。
目の前によっしーがいて、ペースをあがらないものの姿が大きくなってきて、競技場に入ったところで追いつきました。
変子さんと美春が待っていたので、3人でゴールすることにしてよっしー家族のゴールを待ってからゴール。

総合 7時間22分18秒(236位)

ゴール後:
待っていた子供達が風邪をひかないよう、着替えてからうなばら荘へ送っていってバイクをピックアップして一旦ホテルへ戻ってから競技場へ。
鉄人ラーメンを食べて、うなばら荘の家族を迎えに行ってホテルでお風呂に入ってとゴールしてからも大忙し。
PM9:00からようやく打ち上げとなりました。

結果について:
昨年のRunのタイムは4時間19分14秒で238位。
DuathlonになってもRunのタイムも総合順位もほとんど一緒。
変則種目となっても参加している選手の実力をちゃんと反映できてます。

翌日:
今日は晴れかとおもいきや、朝から雨。
帰りもずっと雨で大阪に帰ってきても夕立のような雨にあったりとずっと雨。
PM0:30に皆生を出てPM4:00に帰宅。
運転しているとき、ずっと眠かったです。

その他:
ユニバーサルホテルのトリプルベットの部屋を予約して変子さんと美春の3人で宿泊。
夜中、美春が咳き込んでいました。
変子さんも美春の風邪が伝染って喉が痛くて声がでなくなっていました。Image1_148 Image4_30 Image2_127 Image5_18 Image10_3Image12_4 Image13_3 Image14_3

2007/04/25

07年宮古島トライアスロンのレースレポート

目標時間、10時間38分。

スタート前:
AM4:00起床。
AM4:30朝食。
AM6:00会場に到着し準備開始。
雷が鳴ってましたが、予報では曇り。雨の心配はなさそうな感じ。
トイレも済ませて、余裕で準備完了。
東急リゾートのプールでちょっとだけアップしてSWIM会場へ。

Swim:1:07:08(909位/1500人)
AM7:30、外側の10列目からスタート。
1700mの折り返しまで潮の流れがいつもの順方向。
その流れに乗れば、折り返しの50分の制限時間は楽勝でクリアできるはず。
途中でキックなどもして腕だけより進むことをレース中に確認しながら折り返し地点に到着。

折り返して、あとは1300m。
コースロープ沿いで蛇行しないように注意し、後半に泳ぎながらおしっこもして浜辺に上陸。
トランジッションエリアで黒川さんを発見。
着替えに手間取っているのか、お先にバイクラックへ。

Bike:5:04:22(177位)
結構バイクが残っているように感じて気分よくバイクへ。
池間島まで約30kmは追い風区間。
ペースメーカーを見つけて、ドラフティングゾーンを守って快調に走行。
レースで初めて使用するニューバイク。
昨年までのC40だと平地のスピードが上がらなかったのが踏めば進んでくれて快適でした。Image1_116

池間島からは東平安名崎までは向かい風やアップダウンがつづくハードな区間。
後半の体力の温存も考えてちょっと自重しながらの走行。
ゼッケンに赤い斜線を入れられている選手を発見。
ドラフティングのペナルティを厳しく取っているようです。
ゴールまで5人ほど見かけました。

東平安名崎を越えると向かい風がなくなり高速区間。
村の中を通過するコースもあるので、40km/hを超えて走るスピード感が気分よいです。
90km地点で富田さんに追いつき順位もぐんぐん上がっていました。

105km地点、グリーン荘の前はペースが良かったので停止せずにそのまま通過。

周りの選手の数が減ってきて平良港を越えてからは前後に誰もいなくて1人になっていました。
池間島で前方のグループに追いついて島を周回し、朝より風が強くなっている恐怖の向かい風区間に突入。
平地でも25km/hしかでなくて向かい風で酔いそうでした。
残り5kmとなってようやく風がないコースへと変わり、体を回復させながらバイクゴールへ。

途中で補給したもの、ソイジョイ1本、バナナ2本、ジャムのサンドイッチ1切れ。

Run:4:22:37(299位)
着替えはパンツのみ。
オレンジを5切れ、コーラを3杯ほど飲んで気分を変えてRunのスタートへ。
毎度10kmくらいまで体が動かなくて順位を大きく下げますが今日もそのパターン。

15kmくらいから元気になってペースが上がり、落ちた順位も少しずつ回復。

折り返し地点で8時間20分が経過。
折り返し後も、15kmからのペースをほぼ維持して25km地点を通過。
ここからがトライアスロンの真髄、自分との戦いの始まり。
ペースは落ちてきましたが30km地点を立ち止まることなく通過。
35km地点の登りもいつもより元気に通過。
途中で補給していたアミノバイタルも効いていたのかな?
曇り空で暑くないのもよかったです。

残り5km地点で目標どおりの時間で帰れることを確信。
残り2kmから競技場まではゆるやかな登り。
気力も動員して必死で足を前に出して、残り1kmからは最後のがんばりでペースを上げて競技場に到着。
変子さんが美春のオムツを交換している最中に帰ってきたようでした。
300mを一緒に走るのは難しいので、トラックを横断してゴール手前50mに行ってもらって私はトラックを周回して合流。
最後は3人で手をつないでゴールし競技終了となりました。Image2_106

総合:10:34:07(250位)

ゴール後:
元気が残っていたので、その足で体育館にシャワーで浴びてボランティアの女子高生にマッサージをしてもらって安堵の一時を堪能。
ゴール会場に戻って自転車を引き取りグリーン荘まで5km乗ってクールダウン。
民宿のTVでゴールのライブを見ながら生ビールをいっぱい飲みました。

2007/02/18

泉州マラソン

セイスケと美春がウイルス性胃腸炎がかかって、他にもあって今回もDNSを覚悟しての当日の朝。
伝染することなく、出場の条件をクリアすることができて志紀駅AM8:31発の電車でつうばいつうのおかみさんと会場へ。
会場でもさらに練習仲間が合流して、アップなどしてAM11:00にスタート。
一応目標は3時間30分。

0~10km:
最初の1kmが5'06"。まずまずのペース。
そのあとのラップは4'35"まであがって、大丈夫かなと思いながら10kmが47"台。
つうばいつうのてんちょやH瀬さんが応援をしており序盤なので余裕の笑顔。
O谷さん@フンコロも写真撮影兼応援をされていました。

10km~20km:
早くも足が痛くなってきたので、速度を落としてラップを見ると4'55"。
まだ3時間30分を切るペース。
このペースを維持して20kmを通過。
20km地点でもつうばいつうのてんちょが応援されていました。

20km~30km:
いきなり5'12"にペースダウン。
おしっこもしたいけど、町中で沿道の応援の方々が沢山いているのでその辺ですることができず、25kmくらいでガソリンスタンドのトイレを借りて小用。
ペースも6'00"まで落ちて足も痛いし、上半身も痛くておまけに寒くてつらい状態に突入。
途中で松内君が彼女と応援に来ていました。Image1_85

30~42km:
前回はりんくうタウンに入ると元気がでてきました。
今日も後半に蘇ってくれることを期待しましたが、さらに足や上半身が痛くなって辛さが増進。
歩くほどではなくてペースは6'00”を維持してようやくという感じで3時間47分14秒でゴール。

Image2_85 感想:
足が痛むほどの走りこみをしないと3時間30分は切れないようです。
宮古島に向けてのどか村のRunもしないといけないと思いました。

参加して頂いたもの:
 ・アミノバリューや黒酢など飲み物5本
 ・アミノバイタル3600mg 5袋
 ・完走Tシャツ
 ・完走タオル
 ・文化包丁 1本(堺の特産品が当たりました)

終わってから:
K川さん、U瀬さん、オカミさんと先行して天王寺へ。
駅ではすぐに電車がきて社内で缶ビール500ml。
天王寺の銭湯で汗を流したあと、眠眠へ。
ふんころがしのメンバが合流して総勢13人。
PM5:45-PM8:30まで中華料理にビールに紹興酒の大宴会。
K川さんはだいぶ壊れていました。
あまりの騒ぎと支払い時の単価の大きさにお店のおばちゃんも呆れていた模様。
宴会をするために42kmも走ったような感じでした。

P.S
東京マラソンでは雨の中、H野さん@J隊が4'06'20"でゴールされていたようです。